2005年12月14日

鳥は寒くないのかなぁ

20051214ハクセキレイ.jpg
(ハクセキレイ♂ 広島城)       


真冬並みの寒波とやらで,今日も寒いふらふら
朝,近くの川のひっくり返ったボートの上でイソシギが小さくなっていました。
こんな小さな体でよく体温を保持できるなぁ。

今日はカモたちが散らばっていたのでカウントするのに苦労しました。と言っても,せ
いぜい70羽前後ですがたらーっ(汗)
キクイタダキ健在でした。これまでよく見かけた南西のポイントにシジュウカラ
3羽といましたぴかぴか(新しい)
冬の間中いてくれると楽しいのですが。

昨日,久しぶりにハクセキレイ見かけましたが,今日もお堀のほとりでチョコ
チョコ歩きまわっていました。
帰りがけには雪も降ってきて震えながら職場に帰りました。



今日の鳥(広島城)

カイツブリ10、カルガモ♂3♀3、ヒドリガモ♂5♀16、ホシハジロ♂20♀4、
キンクロハジロ♂9♀8、トビ2、ハクセキレイ♂1、ヒヨドリ3、シジュウカラ
3、ジョウビタキ♂2、キクイタダキ2、スズメ10 +、ハシブトガラス3
posted by SS at 17:31| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月15日

カラスvsトビ 空中戦

20051215トビvsカラス.jpg
(ハシボソガラス、トビ 広島城)        


カラスって、縄張り内に猛禽類が入ってくると猛然と追い出しにかかります。猛禽類はカラスに抵抗することもなく追われるがまま。
おそらくハシボソガラスでしょうか、広島城上空を侵犯したトビにスクランブル発進!飛行機
カラスとトビは前になり後になり、空中バトルを繰り広げます。一方的な攻撃ですからバトルじゃないですねわーい(嬉しい顔)
カラスが後方からトビを威嚇。トビすれすれを飛ぶもトビは知らんぷり。
それならばと言わんばかりに尾羽に攻撃!これにはトビもちょっと嫌がり方向転回。すかさずカラスも後に続き、爪を向けて襲いかかる!トビはクルリと輪を描き、ひら〜り、ひら〜り。ムムム、もう許せん!カラスはすばやく宙返りし、トビの後方に付く。
そして、ついにロックオン!
トビの後頭部めがけてくちばし攻撃!
コン、コン、コン!!どんっ(衝撃)
「痛いぞコノヤローexclamation」ってなことにはならず、トビは無抵抗のままで飛んでいきました。トビはほんとうに温厚です晴れ

ちなみに、Iさんが撮されたナベヅルはすごかったexclamation×2
執拗にちょっかいを出すミヤマガラスにキレたナベヅルは、ミヤマガラスに跳び蹴りぃ!クリティカルヒットでしたexclamation×2


今日の鳥(広島城)

カイツブリ11、キンクロハジロ♂12♀7、ホシハジロ♂17♀7、マガモ♂2♀2、カルガモ♂3♀4、ヒドリガモ♂2♀7、セグロカモメ1、コサギ1、トビ2、シジュウカラ3、ジョウビタキ♂1、キクイタダキ1、ヒヨドリ5+、スズメ50+、ハシボソガラス+、ハシブトガラス5+
posted by SS at 17:56| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月16日

茂みに隠れているのは誰だ?

20051216ウグイス.jpg
(ウグイス 広島城)        


今日も寒かったですふらふら

やっと週末になるというのに、週末は荒れ模様らしいですね雪雪雪
おとなしく家で年末大掃除大会の続編をやるしかないかな・・・たらーっ(汗)

今日の広島城は、13日にモズがいた付近にジョウビタキ♂がいました。
本日のブログの写真はジョウビタキにしようと思い、何枚か写真を写す。パシパシパシ。すると茂みの中で何か動いているexclamationジョウビタキはチッチッと鳴きながら、隣の枝に移動。どうやらジョウビタキの♀みたいだゾ。
じっと待っていると、ひょっこり枝の上に出てきたのはウグイスでしたぴかぴか(新しい)
モズ、ジョウビタキ、そしてウグイスと、この辺りがみんなのお気に入りらしいです。
ウグイスはすぐに近くの高い木の枝に飛び移ったので、双眼鏡を向けると、シジュウカラ3羽、キクイタダキ2羽の混群が飛び交っていました。さっきのジョウビタキにウグイスを加え広島城にしては、豪華絢爛ハートたち(複数ハート)
しっかり観察しようと思った途端にタイムアップを知らせる携帯のアラームが・・・時計
音をタンチョウの声にしていたからか、小鳥たちは飛び去ってしまいました。最後に遅れてシジュウカラの後を追うように飛んでいったキクイタダキが、まるで兄弟の後を追う末っ子のようでかわいかったです。


今日の鳥(広島城)

カイツブリ10、キンクロハジロ♂9♀10、ホシハジロ♂16♀3、マガモ♂2♀1、カルガモ♂4♀4、ヒドリガモ♂1♀13、コサギ1、カワウ1、トビ2、ミサゴ1、シジュウカラ5、ジョウビタキ♂1、ウグイス1、キクイタダキ2、カワラヒワ1、ハクセキレイ♂1♀2、ヒヨドリ5+、キジバト1、スズメ50+、ハシボソガラス1、ハシブトガラス6+
posted by SS at 22:29| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月17日

かわいいズグロカモメ

20051217ズグロカモメ.jpg
(ズグロカモメ 岡の下川河口)        



午前中に掃除をし、午後からは、連日スパム書き込みをされているホームページのBBSのメンテナンスをしていたのですが、やっぱり鳥が見たくなって、岡の下川(広島市佐伯区)に出かけちゃいました。
外は、雪が降り、猛烈な寒さ(広島にしてはです)
いつもFOXFIREの指先がない手袋をしているのですが、むき出しの指先が冷たいと言うよりも痛いふらふら
おまけに、横断歩道を渡る時に、自転車のペダルを思いっきり踏んだら、パキンっと音がしてチェーンが外れてしまいました。とりあえず自転車は放置して、3キロほど歩きました雪

岡の下川の河口付近には川のほとりにクリークがあり、冬になるとコガモ十数羽が越冬していました。ボクはコガモを見るのが楽しみだったのですが、その場所は、昨年埋め立てられコガモはいなくなってしまったのです。ショックでした。しかし!今年の1月に上流に50羽ほどコガモがいたのを見た方おられ、今日は、そこに行ってみました。
そうしたら十数羽ですが、コガモがいてくれましたぴかぴか(新しい)
よかったよかった。また、楽しみが増えました。

河口付近では、オナガガモ、ヒドリガモ、カルガモ、そして岡の下川河口では珍しいマガモが3羽いました。沖合いにはカンムリカイツブリにカイツブリ、上空はミサゴが飛び、意外と鳥たちは活発でした。水鳥は雪も雨も関係ないですね。
河口付近では、もう1種逢いたい鳥がいたので、雪にもめげず、キョロキョロ。
たくさんのユリカモメの中にクチバシが黒いのが!
やっと見つけた!ズグロカモメexclamation×2
ボクはズグロカモメが大好きなのです。黒くて小さなクチバシがとてもかわいいです。エサを捕る姿も見ていて飽きません。
よ〜しこうなったら、カメラのバッテリーが切れるか、メディアがいっぱいになるまで帰らないぞ!と、意気込んでみたのですが、西の空を見上げると真っ白霧
数分後には、猛烈に雪が降ること間違いなし。
あえなくスタコラと退却しましたわーい(嬉しい顔)


今日の鳥(岡の下川河口)

カンムリカイツブリ2、カイツブリ2、コガモ♂4♀13、マガモ♂2♀1、カルガモ7、ヒドリガモ♂17♀11、オナガガモ♂15♀5、アオサギ7、ダイサギ1、コサギ3、ユリカモメ43、セグロカモメ1、ウミネコ1、ズグロカモメ1、シロチドリ1、イソシギ1、カワウ9、トビ 1、ミサゴ2、ハクセキレイ5+、セグロセキレイ1、キジバト3、ムクドリ134+、スズメ 50+、ハシボソガラス3、ハシブトガラス2 番外アイガモ(1年中いるかわいいヤツです)
posted by SS at 22:27| 広島 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月18日

ヒドリガモは喜び川駆け回り、オナガガもは陸で丸くなる

20051218オナガガモ.jpg
(オナガガモ 岡の下川河口)        



夜しんしんと雪が降ると、翌朝にはどれだけ積もるだろうかと何歳になっても期待しちゃいます。
気象台の発表では、広島市の積雪は14cm雪実際にはもう少し積もっているような感じでした。
12月としては観測史上最高の降雪量らしいです。
雪が降らなければ探鳥会に参加するつもりでしたが、この雪では、交通機関もヤバそうだったのでパス。
とりあえず、岡の下川(広島市佐伯区)を散歩がてら歩いてみました。
雪は積もってはいましたが、昨日と比べると今日はそんなに寒くはありませんでした晴れ
新雪を踏むときのギュギュっていう音が心地よくて、人が歩いてないところを選んで歩いていると、空き地でも同じようなことをしている大人3人を発見わーい(嬉しい顔)あちこちに雪だるま雪
だけど、子どもの姿なし。喜んでいるのは一部の大人だけか?
川の近くの集会所では餅つきをしていました。雪の中大変でしょうが、見るほうとしては、雪の中の持ちつきは風情があるなぁ、と勝手に思う。
ここにも子どもの姿なし。

時間的にはまだ干潟がでない時間だったので、鳥の数は少なかったです。
カモたちは、お昼ねタイム。オナガガガモ、コガモはぐっすり。と言っても、時々片目を開いて警戒はしているのですが。
ヒドリガモは軽快に泳いでいました。何羽かは、ボクのそばによってきてエサの要求。誰かエサを与えているのでしょう。
ムクドリが電線と黄色い実のなっている木の間を頻繁に移動。ギンムクドリを見て以来、ムクドリはしらみつぶしにチェックしています。
この時期、めずらしい種類のムクドリは混じっていそうにありませんが。
海岸では、雪の中で魚釣りをしている人がひとり。よっぽど好きなんでしょうね。あっ、ボクも同じでしたわーい(嬉しい顔)
干潟が出ていない海は、沖合いにカンムリカイツブリやカモメ類が浮かんでいるだけで、静かなものでした。
それでも、雪の上を歩くことはめったにないので、すがすがしくて気持ちよいバードウォッチングでした。


今日の鳥(岡の下川河口)

カンムリカイツブリ7、カイツブリ5、コガモ♀4、ヒドリガモ♂15♀9、オナガガモ♂19♀5、アオサギ2、コサギ1、ユリカモメ5、セグロカモメ2、ウミネコ3、イソシギ1、カワウ9、トビ 1、ハクセキレイ♂1♀2、ムクドリ20+、スズメ 5+、ハシボソガラス3、ハシブトガラス3
posted by SS at 20:02| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

ヤマシギ落鳥

20051219ヤマシギ.jpg
(ヤマシギ落鳥 広島県庁前)        



今日は、偶然の不思議をひしひしと感じました。
今朝、カゼで体調が悪く仕事を休もうかと思ったのですが、月曜日に休むのはズル休みのようで、気力を振りしぼって出勤しました。家を出てから用事を思い出し、慌てて帰宅。結局、遅くなったので、いつもとは違う経路(JR)にしました。下車駅では、いつもJRバスに乗り換えるのですが、すぐに来そうもない様子だったので、違うバスに乗車。このことによって、通常通る通路とは違う通路を通ることになり、結果的にすごいものを発見しました。

広島の方ならおわかりになると思いますが、紙屋町のSOGOのちょうど道路を挟んだ向かい側、県庁の植え込みにある入り口付近にヤマシギが落鳥していたのです。
街のど真ん中で、こんな珍しい鳥を見つけるとは夢にも思いませんでした。残念ながら、死んでいましたが、そんなに時間は経っていないようでした。

貴重なものなので、野鳥の会で保管されたいとのことで、職場の冷蔵庫に入れたいところなのですが、みんなが嫌がると思われ、ちょうど北側の日陰になっているところに雪が残っていたので、梱包して雪の中に埋めて一時保管しました。
寒波のせいで落鳥したのでしょうか。rice birdsさんから教えてもらったのですが、呉市駅前でも傷ついたヤマシギがいたそうです。
自然とは厳しいものですね。前日のブログにボクは雪が降ると積もるのを期待すると書きましたが、野生動物にとっては天候の激変は命にかかわることなのだと、あらためて思いました。
そして、仕事を休んでいたら、家に引き返していなかったら、違うバスに乗らなかったら、そしてボクの目にとまらなかったら、偶然とは不思議なものです。

偶然の出逢いにちょっと期待して今日も広島城に行ってきました。
すると、期待どおり?の偶然の出逢いありました!
ヒドリガモにエサを与えていたおじさんが、寄ってくるハトめがけて、雪の固まりをぶつけていきまいていたのです。ボクがそばを通ると、ハトに向けて雪を蹴散らすもんだから、ボクの服に泥と雪が飛び散りました。
も〜〜許さん!ちっ(怒った顔)文句を言ってやるexclamation×2と思ったのですが、ボクにも雪をぶつけそうな勢いだったので、「足を滑らせて堀に落ちる呪い」をかけておきましたぴかぴか(新しい)
今ごろは、カモといっしょに堀を泳いでいることでしょう。

こんなオヤジとは偶然でも必然でも出逢いたくないです。(>_<)

今日の鳥

(広島県庁前)
ヤマシギ1(落鳥)

(広島城)
カイツブリ5、キンクロハジロ♂5♀6、ホシハジロ♂8♀2、マガモ ♂2♀1、ヒド
リガモ♂1♀5、セグロカモメ1、アオサギ1、コサギ1、カワウ1、トビ3、ジョウビタキ
♂1♀1、ハクセキレイ♀1、ヒヨドリ5+、キジバト1、スズメ10+、ハシボソガラス
1、ハシブトガラス5+
posted by SS at 19:57| 広島 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月20日

小鳥は元気☆★

20051220シジュウカラ.jpg
(シジュウカラ 広島城)        



昨日はカゼで体調不良だったにもかかわらず、落鳥したヤマシギを発見し興奮していたためか、カゼもよくなったように思っていたのですが、やっぱり体調悪しふらふら
寒波のせいか、昨日から、広島城のカモの数が減っています。
概ね半減です。カルガモは全くいなくなりました。
お堀の水位が少し下がっていて、水の中の様子が見えます。わりと藻があるようです。
小鳥たちのことが心配でしたが、今日は、シジュウカラメジロキクイタダキが元気な姿を現してくれました。ヒヨドリたちもキーキーと大騒ぎでした。
明日からまた、寒波襲来のようですね雪カゼを早く治さねばあせあせ(飛び散る汗)


今日の鳥(広島城)

カイツブリ7、キンクロハジロ♂13♀3、ホシハジロ♂8♀2、マガモ ♂2♀1、ヒドリガモ♂3♀5、セグロカモメ1、コサギ1、ミサゴ1、シジュウカラ2、メジロ3、キクイタダキ2、ハクセキレイ♂1♀1、ヒヨドリ5+、キジバト1、スズメ30+、ハシボソガラス3+、ハシブトガラス10+
posted by SS at 18:16| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月21日

今年1年を振り返って

20051221カイツブリ.jpg
(カイツブリ 広島城)        



今年も残り10日余りとなりました。
今年1年はわりとまじめに鳥を見ました。と言ってもやっぱり夏は,夏眠していましたけどふらふら
今年の1月1日から1年間で見た鳥の種類は176種類でした。
去年1年間で107種類だから,だいぶ頑張りました手(チョキ)
参加した探鳥会は26回でした。年末にあと1回あるので,27回の見込みです。
一昨年までは,ほとんど岡の下川だけで鳥を見ていましたが,即座に鳥を判別する力をつけないとだめだと悟り,以来,探鳥会などに積極的に参加し,いろいろな場所で見るように心がけています。
と,もう1年を締めくくるようなことを言っておりますが,ガンカモ調査もあるし,年末の休みは鳥見三昧といきたいですね。

今日の広島城は,カモが戻ってきているようでした。カモ類の総数60羽でした。
キンクロハジロが今シーズン最大羽数の28羽。
寒波で抜けていたカルガモも戻ってきていました。マガモの雄も最多の3羽。
ホシハジロは半減したままです。

広島城では,カイツブリは1年を通して見られる鳥です。
冬になると数が増えます。ここのところ10羽前後です。
今日は集合して何やら協議中でしたわーい(嬉しい顔)
今夜からまたも寒波襲来です。




今日の鳥(広島城)

カイツブリ10、キンクロハジロ♂18♀10、ホシハジロ♂9♀2、マガモ ♂3♀1、ヒドリガモ♂5♀10、カルガモ♂1♀1、コサギ1、アオサギ1,ミサゴ1、トビ1,シジュウカラ3、ハクセキレイ♀2、ヒヨドリ3+、スズメ 20+、ハシボソガラス1、ハシブトガラス3+わーい(嬉しい顔)
posted by SS at 21:56| 広島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

広島城にライチョウが!?

20051222ドバト.jpg
(ドバト 広島城)        



今年の冬はどうなっているんでしょう。12月になってこれで3度目の積雪です雪
今朝は、気温も低く、雪の下がガチガチに凍ってました。
雪が降ると広島城のカモが減ってしまう傾向は、今回も同じでした。
昨日60羽まで回復したカモ類の数は、38羽に減ってしまいました。
雪が降るとカモたちはどこに行くのでしょうか。
水の中でエサを捕るのだから、特に困らないと思うのですが。

今日は一瞬ドキリとさせられました。
お城の北側でキジバトを見ているときに、写真の鳥が目の前に現われたのです。
雪の中のライチョウのようで思わずシャッターを切りました。
(ライチョウは見たことないですけどわーい(嬉しい顔)
なんて美しい鳥なんでしょうぴかぴか(新しい)


明日は、ガン・カモ調査の日です。
1年ぶりに岡の下川上流の溜め池に行ってみようと思います。
昨年は、オシドリ十数羽がひっそりと越冬していました。
今年も来てくれているといいのですが。



今日の鳥(広島城)

カイツブリ10、キンクロハジロ♂12♀7、ホシハジロ♂5♀2、マガモ ♂1、ヒドリガモ♂5♀6、トビ1、シジュウカラ1、ハクセキレイ♀3、セグロセキレイ1、キジバト3、スズメ20+、ハシボソガラス5+、ハシブトガラス5+

posted by SS at 17:35| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月23日

ガンカモ調査

20051223ミヤマホオジロ.jpg
(ミヤマホオジロ 広島市佐伯区)        



今日は、ガン・カモ調査に行ってきました。
担当は、岡の下川流域です。
最初に行った廿日市港から佐方川河口、岡の下川河口付近にはカルガモヒドリガモオナガガモカンムリカイツブリカイツブリカワウがいました。
いつもどおりです。
昨年は、ウミアイサやホオジロガモがいたこともあったのですが、今年は、珍客なし。

シロチドリが近くに来てくれて、しっかりと観察できました。
去年も3羽のシロチドリが越冬しています。

ズグロカモメは3羽。
晴れていたのに、ポツリポツリと雨が・・・天気予報じゃ、午後からのはずふらふら

岡の下川をさかのぼり、コガモをチェック。総数25羽いました。
Mさんにたまたま出合い、みかん7個をもらって、ほおばりながら岡の下川支流をさらに上に。
ひぃひぃ言いながら坂を登り、目的の溜池近くに着くと、アオジホオジロミヤマホオジロが迎えてくれました。
アオジは単独で,ホオジロミヤマホオジロは混群でいました。
畑仕事に来られた方から、ここの溜池には毎年、オシドリが来るとの情報を得る。やさしそうな方でした。
溜池への道は山道で、草を分け入ると、中型の鳥が草むらから竹やぶに飛び込みました。もしや、先日死骸を拾ったヤマシギでは?と、勝手に思い込むぴかぴか(新しい)
今度、ブラインドを持って来て一日張り込むことにしよう。
溜池にいるオシドリは警戒心が強くあっという間にいなくなってしまうので,そろ〜っと覗くといたいた!つがい!って思う瞬間に飛んでしまったがく〜(落胆した顔)
ちょっと場所を移動するとすぐ下の木の枝に止まっていたらしいオシドリがまたも飛び立つがく〜(落胆した顔)続いて隣の木からもがく〜(落胆した顔)必死に数を数える。
合計14羽のオシドリがいました。
別の溜池には3羽のオシドリ。今年もいてくれてよかったよかった。
残念ながら、オシドリの写真は写せませんでしたが、予期していなかったアオジホオジロミヤマホオジロが見れてちょっと満足でした晴れ


今日の鳥(岡の下川上流〜河口)

カイツブリ5、カンムリカイツブリ7、カワウ13、ダイサギ1、コサギ6、アオサギ7、オシドリ♂7♀10、マガモ♂1、カルガモ♂4♀3、コガモ♂16♀9、ヒドリガモ♂22♀10、オナガガモ♂21♀12、トビ2、シロチドリ1、イソシギ2、ユリカモメ16、セグロカモメ1、ウミネコ1、ズグロカモメ3、キジバト7、ハクセキレイ15+、セグロセキレイ5+、ヒヨドリ10+、モズ♂2、ジョウビタキ♂1、ホオジロ5+、ミヤマホオジロ10+、アオジ2、スズメ70+、ムクドリ16+、ハシボソガラス5+、ハシブトガラス5+  番外アイガモ、ドバト
posted by SS at 17:13| 広島 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。