2007年03月13日

ハシボソガラス vs ミシシッピーアカミミガメ


ハシボソガラスvsミシシッピーアカミミガメ
(ハシボソガラス vs ミシシッピーアカミミガメ / KOWA TSN-664+CASIO EX-Z850)




カメは甲羅の中に閉じこもれば、大抵の敵から身を守ることができる。

と、思っていたのですが、このミシシッピーアカミミガメは、そうではなかったようです。




先日、広島城のお掘りで繰り広げられていた、ハシボソガラス vs ミシシッピーアカミミガメの死闘。

ミシシッピーアカミミガメは、懸命に体をガードしているのですが、ハシボソガラスの執拗な攻撃に、おしりの方の皮を少しずつ、つまみ取られている。

足で押さえつけられ、おまけにひっくり返されていたのでは打つ手なし。



ハシボソガラスvsミシシッピーアカミミガメ
(ハシボソガラス vs ミシシッピーアカミミガメ / KOWA TSN-664+CASIO EX-Z850)




結局どうなったのか、時間切れで確認できませんでした。

それにしても、このカメはかなりドジを踏んだようです。

大抵、甲羅干しをしているカメは、わずかな気配ですぐに水中に逃げ込みます。

カラスに捕まるなんて見たことないです。

ほんの少しのミスが命取りになりかねないのですね。
posted by SS at 22:57| 広島 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ、ちょっとショッキング。
うちのフランソワ(ミシシッピアカミミガメです)は、ベランダの衣装ケースの中で放置されていますので、カラスに狙われたら一巻の終わりです・・・。
Posted by ぽっぺけ at 2007年03月13日 23:12
カメも逃げるチャンスは何度かあったのですが、不用意に顔を出すと目をやられてしまうので、手も足も出ない状態でした。
Posted by SS at 2007年03月13日 23:50
カメはカラスに狙われることがあるんですね!
それに狙われたとしても甲羅があるから
きっと大丈夫☆
と思っていましたがそんなに甘くはないんですね。
カメ、どうなったのかなぁ…
Posted by ドラちゃん at 2007年03月14日 08:06
>ドラちゃん
水中に逃げ込めばいいのにって思いながら見ていたのですが、おしりの肉をつままれていました。
どうなったんでしょう。
Posted by SS at 2007年03月14日 23:45
これはエグイ・・・
しかし、食用部分はごく僅かなのに、カラスはここまでやるかなあ。
或いは、猫が鳥を捕まえるような感覚なのかな。
いずれにしても、カラスはむかつく鳥だな。
Posted by 22 at 2010年03月31日 23:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35890445
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。