2006年03月08日

春は別れの季節

20060308シロバナタンポポ.jpg
(シロバナタンポポ 広島市中区 / COOLPIX5200)



広島城に行く途中の歩道に毎年ひっそりとシロバナタンポポの花が咲きます。
外来種に押されて、シロバナタンポポは少なくなったようですが、ボクにとってシロバナタンポポは子どもの頃から馴れ親しんだ植物で、タンポポ=シロバナタンポポです。
タンポポの茎を3cmぐらいに切り、両方の切り口に縦に切れ目を入れて水に浸けたら、クルクルとまるでタコウィンナーの様に反り返るから、タンポポの天ぷらだなんて言いながら遊んでいました。
最近の子どもは知らないでしょうね。

タンポポの花も大きく開き季節はすっかり春ですね。
広島城ではツグミが9羽もいました。
そろそろ集団になって渡りの準備でしょうか。
春は一年で一番好きな季節ですが、冬鳥が帰ってしまうかと思うと寂しくなります。


今年観察した鳥119
今日の鳥13

(広島城)
カイツブリ6、アオサギ1、ホシハジロ♂2、キンクロハジロ♂25♀20、キジバト2、ヒヨドリ4+、ツグミ9、キクイタダキ2、シジュウカラ2、スズメ+、カワラヒワ2、ハシボソガラス3、ハシブトガラス1


posted by SS at 20:21| 広島 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
春はすぐそこまできている気がします。
冬鳥たちも渡りの時期なんですね。
ちょっと寂しいですが、
また冬に元気にやってきて欲しいと思います。
シロバナタンポポ、
SSさんが子供時代に
遊んでいた様子が目に浮かぶようです。
Posted by ドラちゃん at 2006年03月09日 06:50
シロバナタンポポ、懐かしいですね。(ひょっとして同年代??笑)私達が幼かった頃はまだ 旬の物が食卓に並んでいましたが、今は食べたい物は年中出回り、旬っていう言葉さえ忘れられてるみたいです。四季の移り変わりを教えてくれる鳥・植物達から癒されるばかりじゃ駄目ですね。自分達の生活も見直していかないと・・人間が自然を支配してるんじゃなく、四季折々自然の中で生かされているんだと思うから。
Posted by Houkibosi at 2006年03月09日 10:09
タンポポの根でタンポポコーヒーを作ったことがあります。
まずくて飲めた代物ではありませんでしたが、自分が作ったものですから無理やり飲みました(^_^;)
Posted by SS at 2006年03月10日 20:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。