2006年03月04日

フィールドノート

20060304フィールドノート2.jpg


いきなり汚い文字をお見せしてすいませんたらーっ(汗)
今日は、ボクが使っているフィールドノートについての話題です。

フィールドノートはメモができれば何でも良いのですが、ボクは変なところにこだわりがありまして、散々、文房具屋に足を運び色々なモノを使ったのですが、なかなかピッタリくるモノがありませんでした。
条件としては
1.罫線が方眼になっていること
2.ポケットに無理なく入ること
3.立ったままでもメモがとれること
です。
この条件に合う理想的なフィールドノートは野鳥の会が作っているものです。
しかし、2ヶ月で使い切るので、値段がちょっと高いもうやだ〜(悲しい顔)
もっと安くて、条件に合うモノはないかと散々探した結果、インターネットで見つけたのが、コクヨ 測量野帳[セ-Y3]スケッチでした。
この手帳は、定番商品らしく「長い間愛されつづけている優秀アイテム」だそうです。
この手帳の良いところは、上質紙3mm方眼であること、タテ160mm ヨコ91mmでスリムであること、40ページありながら薄いこと、表紙が硬く立ったままでもメモをとることができること、そして、150円前後という低価格で、普通に文房具屋で入手できることです。

20060304フィールドノート1.jpg
ボクはこの手帳に色々なモノを貼り付けてカスタマイズしています。
表紙の裏に鳥の各部の名称の図、次のページに野鳥チェックリスト、裏表紙には、広島県のメッシュ地図、野鳥観察道具のチェックリスト(忘れ物が多いから)、潮汐表(シギチの観察には欠かせない)、鳥見屋さんのアドレス帳(フィールドで出会ったときに名前をど忘れしたらメモをとるフリをしてコッソリ見るたらーっ(汗))などです。
あと、新聞の切り抜きや記念のスタンプを押したり、遠出した時の切符、入場券なども貼り付けています。
フィールドノートはだいたい2ヶ月でいっぱいになります。書き終わったフィールドノートには表紙に記録した期間を紙に書いて貼り付けて保存しています。

今日はお見苦しいモノをお見せしました。m(_ _)m

今日は、朝から夕方まで、山から海まで鳥見してきました。
T・Oさん、教えていただいたシロエリオオハムを見てきました。
ありがとうございました。


コクヨ 測量野帳[セ-Y3]スケッチ
コクヨ 測量野帳[セ-Y3]スケッチ


今年観察した鳥114
今日の鳥26
(大竹〜熊野〜蒲刈)
シロエリオオハム6、カワウ20+、アオサギ1、マガモ♂4♀5、ミサゴ1、トビ3、ユリカモメ5、セグロカモメ+、オオセグロカモメ+、ウミネコ+、コゲラ2、ヒヨドリ2、ウグイス3(声)、キクイタダキ8、エナガ2、ヤマガラ2、シジュウカラ3、メジロ1、ホオジロ2、カワラヒワ10、マヒワ3、イカル(声)、スズメ+、ムクドリ10+、ハシボソガラス+、ハシブトガラス+


posted by SS at 22:21| 広島 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
SSさんのこだわりフィ−ルドノート・・素晴らしいですね。鳥に対する情熱が伝わってきます。
目の前の事ばかりに追われ、何となく過ごしている私とは違って 自分の足跡をしっかり残している・・これからも貴重な経験・発見を大切に留めて下さいね。
私にとって今唯一の刺激は、ここに参加させてもらってる事です。小さな事かもしれませんが、毎日何かを続けていく事、大切だなと実感しています。
Posted by Houkibosi at 2006年03月05日 00:53
素敵なフィールドノートですね☆
とても丁寧にかつ事細かく書かれていて本当感動します!
そしてずっと続けているってこと、尊敬します!
なかなかできるものではありません。
SSさん、これからもどうぞ頑張ってください。
Posted by ドラちゃん at 2006年03月05日 10:08
あまりほめないでください
ネタ切れで苦し紛れのブログなので(^_^;
Posted by SS at 2006年03月06日 01:20

ご無沙汰いたしました。

 この前お洋服屋さんの前を通ってたら
 黄色と黒の配色! 思わずキクイタダキ!
 と声が出ました。(^。^)
 そろそろ出逢える季節がきましたね。
 早く美声が聞きた〜い。
 
 SSさん素晴らしいマイ・フイールドノート
 作ってらっしゃるのですね。
 これだと沢山の鳥達の出逢いがありますね。
 これからも頑張って下さい。
 楽しみにブログ見せていただきます。
Posted by T・O at 2006年03月13日 05:01
T・Oさんバードウォッチングのほかにマンウォッチングも楽しまれているようですね(笑)
この春にはどんな鳥たちと出逢えるか楽しみですね
Posted by SS at 2006年03月13日 08:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。