2006年03月02日

ムクドリの石ころがし

20060302.jpg
(ムクドリ 広島城)



身近な鳥でもじっくりと観察するとおもしろいですね。
今日は首を寝違えて、首の可動範囲がかなり狭かったのですが、無理矢理ひねって植え込みの下を覗いてみるとムクドリが2羽いました。
広島城でムクドリを見ることは少ないので、じっくりと見ていると小石の下にクチバシを入れ、勢いよく頭を振り上げて小石をコロンとひっくり返すのです。
石の下の虫を探していたのでしょう。
次から次へと移動しながら石をひっくり返していました。
その様子は子どもの頃によく行った潮干狩りを思い出させました。
潮干狩りと言っても普通にアサリを掘るのではなく、石がゴロゴロある場所で、石をひっくり返しては、ニシ(巻き貝)を採るのです。
時にイシガニがいたりタコがいたりして、何が出てくるかわからない楽しみがあります。
早い者勝ちですから、兄弟で先を争って石をひっくり返していましたね。
このムクドリくんたちは、先を争うこともなく、コロン、コロンとマイペースで石をひっくり返していました。残念ながら今日はハズレばかりでご馳走にはありつけませんでしたが。
鳥はこうした地道な努力を繰り返さないとエサにありつけないのですね。
なんの努力もしないボクは最近おなかが出てきて、軽くヤバイです。
私がウソを言いました。かなりヤバイですふらふら


今年観察した鳥112
今日の鳥16
カイツブリ4、ホシハジロ♂2、キンクロハジロ♂31♀11、ミサゴ1、トビ3、ハヤブサ1、キジバト2、マミチャジナイ2、ツグミ4、シジュウカラ(声)、キクイタダキ(声)、ヒヨドリ6、スズメ5、ムクドリ2、ハシボソガラス2、ハシブトガラス2


posted by SS at 19:12| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ムクドリさんは頑張るんですね。自分の頭より大きい石を上手にコロンですか、たいした働き者です。
あっ、人間も似てるかも。
美味しい物を食べようと思ったら、時間を掛けて作りますよね。食べるのはあっという間ですけどね。
Posted by MK at 2006年03月02日 23:15
ムクドリたちも頑張って生きているんですね。
なんだかとてもあったかい気持ちになりました。
それにしても私もやせたいのにやせられない(笑)
これこそ地道な努力が必要です。
Posted by ドラちゃん at 2006年03月03日 07:10
ムクドリさんは、一生懸命石を転がしてもご馳走にありつけなかったんですか。残念!でもこういった動きのある写真もいいですね。ムクドリのひたむきな気持ちが伝わってきそうです。

最近は身体を動かす事が少ないと思っていたら 脂肪の帯がまとわりついてきて 益々動き辛くなってきました。ムクドリのように一生懸命働いて僅かでも感謝して頂く事が出来れば、心身共にシェイプアップ出来る日も近いかも・・(汗)
Posted by Houkibosi at 2006年03月03日 13:53
料理を作られている人は大変ですね
ふと思ったんですけど、ストリートチルドレンと呼ばれる子どもたちも日々食べるものを自分で見つけなければ生きていけないのですね
Posted by SS at 2006年03月03日 21:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。