2006年03月01日

川はゴミ箱じゃありません

20060301.JPG
(ユリカモメ夏羽 岡の下川)


岡の下川沿いの道路に散乱したビニールや発泡スチロールのゴミを年配の女性が一生懸命ほうきで掃かれていたのは、日がとっぷりと暮れ肌寒くなってきた昨夜のことでした。
ちょうどその時、ボクは髪を切りサッパリした気分で、川沿いを軽快に歩いて帰宅していたのでするんるん
おそらく、何者かが道路にゴミを捨てたのでしょう。一般道をこの寒空に掃除されるとは、なかなかできるものではありません。
しかし、交通量が多い道ですから、事故に遭わなければよいがとこの女性のことが心配でした。
どうしても気になり、後ろを振り返りながら歩いていると女性はゴミをどんどん道路の真ん中の方へ掃いていっているのです。
危ないexclamation×2 と、思ったその瞬間・・・
アレ?道路の真ん中を通り過ぎてもまだ掃いているヨ
お〜い、そっちは川デスヨ。

え゛? もしや!まさか?

そう、まさかでした。ビニール、発泡スチロールを当然のように川に掃き捨てたのです。
自宅前の道路が綺麗になれば、あとはどうでもよいらしいですちっ(怒った顔)

「このクソババ、ゴミと一緒に岡の下川に掃いたろか!」

なんて言いませんでしたけど、サッパリした気分は一瞬で消え去りましたバッド(下向き矢印)
でも、この女性の行動はわかりやすいだけで、何もしていないと思っていても知らないところで自然にダメージを与えていることってあります。
家の材料が熱帯雨林を伐採したモノだったり、美味しく食べているエビがマングローブの林をなぎ倒して養殖されたモノだったり。
かわいいペットだって、どこでどう乱獲されたモノかわかりません。
意識していないだけなんですね。

とは言っても、地域で岡の下川一斉清掃などもしているのですから、こういう行為を目の当たりにしたら、やはり気分はよくないです。
ムカムカしてその女性から目が離せず、後ろを振り返りながら歩いていたら・・・

ガシャーン!

ボクは止めてあった自転車に思いっきりぶつかり転倒してしまいましたふらふら

「クソ忌々しい自転車め!岡の下川に掃いて捨てたろか!」


イヤ、ほうきじゃ掃けんなたらーっ(汗)

ゴミマナー違反老女 vs 交通マナー違反男
今日のところは引き分けでしたふらふら
ぶつかったのが自転車でよかった。トホホ・・・

(教訓)
川にゴミや老婆や自転車を捨てるのはやめましょう。
前を向いて歩きましょう。

今年観察した鳥112
今日の鳥1
(岡の下川)
ユリカモメ8


posted by SS at 19:53| 広島 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんてことをするんでしょう!
本当ひどいですね(>_<。)
でも気付かないうちに私も自然破壊につながること
してるかもしれないと反省しました。
今日の(教訓)、同感です(^^)
私も気をつけたいと思います☆
Posted by ドラちゃん at 2006年03月01日 21:28
ずっと昔、川の分解能力が高くて、かつ、ちゃんと分解できるものばかりだった頃なら自然な光景だったのでしょうけど・・・
しかし、自転車にぶつかったときにカメラやスコープを持ち歩いていなくてよかったですね。私も余所見癖があるので気をつけたいです。
Posted by 紅葉修 at 2006年03月01日 22:11
日常の何気ない出来事から、大切な事を気付かされます。SSさんが取り上げた 建材・エビ・ペットなども まさに自分たちの極身近な衣・食・住に関わる事ですよね。私自身、細かく仕分けするゴミ出しも頑張ってはいるのですが、ゴミ自体を減らす努力が足りません。人の振り見て我が振り直せ・・あのオバサンも何かをきっかけに気付いてくれるといいですね。SSさんが痛い思いをして教えてくれたこの教訓、私もしっかり肝に銘じます。
Posted by Houkibosi at 2006年03月02日 11:19
この女性は毎日ハトに餌を与えています
ハトに餌を与えることの善し悪しは別にして、ココロネは優しい方だと思います
Posted by SS at 2006年03月03日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。