2009年08月01日

無事帰還

20090801urashima02.jpg






何はともあれ、無事帰還おめでとうございます。





お疲れ様でした。










人気blogランキング ← ボクもリハビリテーションプログラムを受けねば。お菓子という引力ががく〜(落胆した顔)



人気blogランキング


1日1回プチッとクリック ↑ よろしくお願いしますm(_ _)m。


にほんブログ村鳥ブログ 野鳥へ

posted by SS at 22:54| 広島 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

熱中症で逝ったか?

20090802kurosagi.jpg
(click クロサギ)






急にオレンジっぽくなったと思ったら、そのままブラックアウト。




長年使っていたモニタが遂に壊れてしまいましたもうやだ〜(悲しい顔)




とりあえず、応急処置として、ほこりをかぶっていた古い15インチの液晶モニタを2台接続。





20090802moniter.jpg
(モニタ遂に壊れ、骨董品モニタに交換)






地デジ対応のめっちゃ綺麗なモニタにしたいんだけど、




また、出費だなぁふらふら








三菱 Diamondcrysta WIDE RDT231WLM-Dがとても綺麗で、一番人気 最安値19,800円。

多分、買います。







人気blogランキング ← PCも熱暴走ぎみふらふら



人気blogランキング


1日1回プチッとクリック ↑ よろしくお願いしますm(_ _)m。


にほんブログ村鳥ブログ 野鳥へ

posted by SS at 22:55| 広島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | SSの地鳴き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

水没子ガラスの不思議な行動

ハシブトガラス幼鳥
(click 池に落ちて脱出できないハシブトガラス幼鳥 / 広島城)





先日の水没していた子ガラスは、ご察しのとおり救助しました。

その時に興味深いことがあったので、今日はそのことを書きます。




水の中から引き上げた子ガラスは、体力を消耗していたのか飛べず。

近くの低木の根本まで歩いて行き、ジッとしていました。




そのまま帰るのはちょっと不安だったので、20mほど離れて様子を見ていると、ノーリードのヨークシャーテリアが近づいて来たんです。

ヤバイ!

と、思った瞬間にヨーキーが子ガラスに飛びかかる。

犬のそんな行動よりもダッと駆けつけるボクの形相に飼い主は驚き、犬を止めにはいりました。





ハシブトガラス幼鳥
(click 助け上げても飛ぼうとしない)






間一髪、セーフあせあせ(飛び散る汗)

これじゃ地面はヤバい。




そこで、地面から1.5mぐらいの枝に止まらせてやろうと再び子ガラスを捕まえる。

するとボクの右手の人差し指をギュッと握りしめて放さないんです。

子ガラスの指を広げようとしても、すごい力。

その締め付ける力から恐怖が伝わってきました。

よっぽど怖かったでしょうね。




枝に止まらせるのはあきらめて、地面に降ろすと急に地面に座りこんでしまいました。

人間だとヘナヘナって感じです。

さっきまでの元気がウソのように。

それはまるで以前見た命の灯火が消えようとするハシボソミズナギドリの幼鳥のようでした。




鳥って急に衰弱する?

多分もうだめだな。

少しの時間そばにいてやりましたが、かえってプレッシャーになったらいけないので、

犬の散歩が来そうにない場所に子ガラスを移動させ、また20m程離れて様子を見ることにしました。

(ええ、ボクは暇人ですからたらーっ(汗)





ハシブトガラス幼鳥
(click 急に弱ってしまった)





すると、急に元気になって、地面にむき出しになった大きな木の根っこにチョコンと飛び上がって止まったんです。

さっきの死にかけのような元気のなさはいいたい何だったんだ?

死にそうなフリ? わざと?




ふと見上げると50羽以上のハシブトガラス、ハシブトガラスがガ〜〜ガ〜〜、カ〜〜カ〜〜飛び回っていました。

以前広島城でカラスの死骸を見つけたときも、ものすごい数のカラスが舞っていました。

まさにその時と同じ。

カラスって、仲間の危機が分かる?



う〜〜〜ん、謎じゃ。









人気blogランキング ← 結局、この日は真っ暗になるまで子ガラスのそばにいました。
元気に空に戻ったようです。



人気blogランキング


1日1回プチッとクリック ↑ よろしくお願いしますm(_ _)m。


にほんブログ村鳥ブログ 野鳥へ


posted by SS at 21:36| 広島 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 広島城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

入れ歯さいなら〜

ついに完全な歯の再生にマウスで成功exclamation×2



めちゃめちゃすごいことですぴかぴか(新しい)



近い将来入れ歯がいらなくなる?!







実用化は2、3年後らしいです。



すぐじゃんダッシュ(走り出すさま)







これであとは、完全完璧な毛生え薬の完成を待つばかりですね。






20090804suzume.jpg
(歯の代わりにクチバシを付けてもらうってのもアリだな)








関連記事

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/science/regenerative_medicine/








人気blogランキング ← 歯よりも視力を5.0ぐらいにして欲しい



人気blogランキング


1日1回プチッとクリック ↑ よろしくお願いしますm(_ _)m。


にほんブログ村鳥ブログ 野鳥へ

posted by SS at 22:15| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | SSの地鳴き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

実りの夏

ゴーヤ
(あばしゴーヤ)




ゴーヤ
(長れいし)



ゴーヤ
(ゴーヤの花)




ゴーヤがたくさんとれました。


3種類植えていたので、形も味も違います。





忘れてはいけないのが、スイカ。


1個だけ大切に育て、


遂に、収穫。




小玉スイカ
(スイカ、収穫直前)








味はと言うと、






「めちゃめちゃあんまぁ〜〜〜っ!!」







小玉スイカ




種を取っておいて来年も植えるゾ!







人気blogランキング ← 糖分取りすぎたふらふら



人気blogランキング


1日1回プチッとクリック ↑ よろしくお願いしますm(_ _)m。


にほんブログ村鳥ブログ 野鳥へ

posted by SS at 22:28| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

里親が見つからないワケ

20090806momo.jpg




今、猫を7匹飼っています。



そこへ、親子6匹と病気の子猫1匹を保護しているので、



合計14匹ふらふら



どこからどー見ても猫屋敷ですたらーっ(汗)






<20090806tanuchan04.jpg








誰かもらってください m(_ _)m m(_ _)m m(_ _)m









20090806tanuchan05.jpg






シャム猫の血を引いているから、



とてもかわいいです。



多分、子猫は全てもらい手がつくでしょう。



が、しかし、



問題は、母猫。







何を隠そう、




母猫は、
















獅子神様なんですあせあせ(飛び散る汗)



















20090806tanuchan02.jpg






獅神様でもいい!



っていう方は、



メールください。



アドレスは、右上にあります。







20090806tanuchan03.jpg





「親子セット」も受け付けています。









人気blogランキング ← 病気の子猫もほぼ回復し、他の猫ともようやく接触できそうです



人気blogランキング


1日1回プチッとクリック ↑ よろしくお願いしますm(_ _)m。


にほんブログ村鳥ブログ 野鳥へ


posted by SS at 21:37| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | SSの地鳴き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

鳥見に最適なバッグ

鳥撮専門ならこんな悩みはないんでしょうけど、


観察&鳥撮だと機材の出し入れがとてもめんどくさいです。





双眼鏡を首からぶら下げ、肩にはスコープ。


かつ、デジ眼を肩にかける。


ってのは、動きが制限されてあまり好きじゃありません。


だからカメラかスコープのどちらかをリュックに入れて歩きます。


でも、これだとモタモタして機材を取り出す前に鳥は何処へってことがままあり。





20090807messengerbag02.jpg





そこでなにかいいバッグはないかと研究に研究を重ねたどり着いたのが、


メッセンジャーバッグ。


スコープ、デジ眼、双眼鏡、デジスコセットが入ることを基準にあまたあるメッセンジャーバッグから選んだのが、


メッセンジャーバッグの老舗、ティンバの「TIMBUK2 ラップトップメッセンジャーバッグ」 。


カメラ用もありますが、容量がちいさくなるのでカメラインナーはなしにしました。





20090807messengerbag03.jpg




このバッグ本当に使いやすいです。


ポケットがたくさんあるし、パソコンを入れる部分には書類が入るので通勤にも使えるんです。


しいて不満な点を言えば、外側にポケットがないこと。


表と裏に1つずつあれば言うことなし。




20090807messengerbag04.jpg





で機材を入れてみました。


重いですふらふら


リュックだと両肩で支えるので重さも両肩に分散されますが、メッセンジャーバッグは片方の肩にすべての重量がかかってします。



20090807messengerbag01.jpg
(セグロカモメも入る)




まぁ、それは我慢するとして、早速、フィールドテスト。


ちょうど目の前に鳥が!


背中側にあるメッセンジャーバッグクルリと前側に回し、カバーを開けて、


カメラを取り出そうとしたら、



バリバリバリッ



カバーについているマジックテープの剥がれる音が鳴り響いて、鳥飛んじゃった。


使えんもうやだ〜(悲しい顔)





20090807messengerbag05.jpg







ノートPCが入るメッセンジャー!TIMBUK2 ラップトップメッセンジャーティンバック2(7997)





【豊富なカラーバリエーション。お気に入りのカラーが見つかります。】TIMBUK2(ティンバックツ...











人気blogランキング ← でもめちゃめちゃお気に入り



人気blogランキング


1日1回プチッとクリック ↑ よろしくお願いしますm(_ _)m。


にほんブログ村鳥ブログ 野鳥へ





posted by SS at 23:25| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

カンムリウミスズメ観察エコツアー(1)

カンムリウミスズメは、全世界にわずか5000羽しか生息していない世界的希少種。


しかもそのほとんどが日本近海にいるらしい。


そんなカンムリウミスズメを観察するツアーに参加してきました。






20090808kanmuriu01.jpg
(チャーター船(漁船)に乗り込む)




何度も延期され、やっとツアーが決行された今日は、遅ればせながら本来の夏の姿をやっと取り戻したかのような猛烈な暑さ。


幸い風もなく、グラスに注がれたワインの様に波は全くない。





観察には最高の条件。


「私の行いがイイから」と、しきりにO嬢様が言うが、


天気がイイのは、ボクの行いがイイからに決まっている手(チョキ)


と、言いたかったケド、O嬢様には逆らうまいたらーっ(汗)





準備された4隻の漁船に乗り込み、ポイントへと舳先を向ける。





20090808kanmuriu02.jpg
(べた凪)




「昨日はここに7羽いたんじゃがねぇ」


と、いう場所に到着するも、それらしき影は何度見ても全てゴミ。


他の船が発見すればすぐに無線連絡が入るようになっているが、


無線も鳴らず。




20090808kanmuriu03.jpg
(4隻は分散し、カンムリウミスズメを探す)




ウミネコの姿がポツポツ。


「あ! 明らかにウミネコよりも小さな鳥が!」





野鳥の会のダブルO嬢様と3人だけで遠くの豆粒カンムリウミスズメを確認ぴかぴか(新しい)


これで、空振りは免れたが、これ以降、進めど、進めど、何もいないふらふら


このぐらいの大きさだったら他の航路でもっと近くで見ているので、


気合いを入れて参加している分、さえないバッド(下向き矢印)




20090808kanmuriu04.jpg
(カンムリウミスズメの成鳥らしい個体)





と、その時無線機がガナり始めた。


「シキュウ、コラレタシ!」


1号船からの連絡だった。

















人気blogランキング ← 続きはまた明日



人気blogランキング


1日1回プチッとクリック ↑ よろしくお願いしますm(_ _)m。


にほんブログ村鳥ブログ 野鳥へ

posted by SS at 23:55| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 海鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

カンムリウミスズメ観察エコツアー(2)

20090809kanmuriu00.jpg
(1号船に向かう)





1号船へ向けて、エンジン全開。



既に3号船も到着していて、2隻の人たちが双眼鏡を向けている交点辺りを探してみると・・・



いた!



3羽のカンムリウミスズメがプカプカ浮いている。





20090809kanmuriu03.jpg





全て幼鳥。



つい最近まで、カンムリウミスズメの幼鳥は冬羽の成鳥とされていたらしいです。



それ程、この鳥のことは分かっておらず、また成鳥よりも幼鳥の方が非常に珍しいとのこと。







20090809kanmuriu01.jpg
(飛び上がるのが苦手?)





静かに観察していましたが、やはりプレッシャーになったのか、一斉に飛び立つ。



カンムリウミスズメはカラダが重いのか、飛び立つのが下手で、水面を蹴りながらなかなか浮き上がらない。



これはカイツブリの飛び方によく似ています。





20090809kanmuriu02.jpg




この水面を蹴るようなヘタクソな飛び方は、多くの海鳥がいる海域では識別に役に立ちます。



と、以前、ワイバードの海鳥ツアーに参加した際、講師の石田さんから教えてもらいました。














人気blogランキング ← 続きはまた明日。まだ続くんかいたらーっ(汗)



人気blogランキング


1日1回プチッとクリック ↑ よろしくお願いしますm(_ _)m。


にほんブログ村鳥ブログ 野鳥へ
posted by SS at 23:59| 広島 ☔| Comment(8) | TrackBack(0) | 海鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

カンムリウミスズメ観察エコツアー(3)

20090810dock02.jpg
(日本最古のドックを案内してもらった)





正直言って、「カンムリウミスズメだけ見れば、帰ってもイイヤ」

と、現地に向かう車の中でO嬢様と話していました。

地元の観光とか温泉とかいらない。

でも、それは大きな間違いでした。




港に戻り、昼食までの間、桂浜を案内するとのこと。

暑いし、ギラギラだし、猛暑で、酷暑で、厳暑で、劇暑だから、ちょっと腰が引ける。

それでも、日本最古のドックのこと、国会議事堂に使われている石を切り出した石切場のこと、遣唐使船のことなどなど、

地元のボランティアの方が一生懸命説明をされ、

また、その話がどれもとても興味深い。




20090810dock.jpg
(日本最古のドック)






おまけにビーチのそばだし手(チョキ)





20090810katsurahama.jpg
(でも冷夏の影響で人もまばらな桂浜)





一回りして、やっと昼食。

出てきたのは、地元でもごく限られた地区で食べられていたという、

鯛のアラから出汁を取った「アラうどん」。

シンプルなんだけど出汁にコクがあり絶品。



20090810araudon.jpg
(鯛のアラで出汁を取った「アラうどん」)




おかわりないん?



それから、こちらは、「もぶり飯」(混ぜご飯、五目ご飯)。

この地区の「もぶり飯」には里芋が入っているのが特徴とか。

あっさり味で、アラうどんにもぴったり。

ああ、このツアーに参加してよかったぴかぴか(新しい)





20090810moburimeshi.jpg
(里芋が入った「もぶり飯」)





実はこのツアーは、自然観察保全協会、広島県、呉市、広島大学ほか各種団体に加え地元ともタイアップした自然保護+地域おこしのツアーだったんです。

知らんかったたらーっ(汗)




カンムリウミスズメという希少動物の保護をキーワードとして、地元でも保護活動が広がり、

例えば地元小学校、中学校での環境教育や都市住民が参加できるような海岸清掃活動などの地域交流、

ボランティア活動などなど大きな輪になっていけばと思います。

ツアー料金1万円はちょっと高いかなと思っていましたが、

このツアーで得たものはプライスレスでした。





20090810kanmuri02.jpg
(飯田先生からカンムリカイツブリの生態について説明を受ける)




20090810kanmuri.jpg
(click カンムリウミスズメ幼鳥 12月には冠羽も伸びているかな)




20090810ojosama.jpg
(O嬢様もご満悦ぴかぴか(新しい)






12月は、カンムリウミスズメの夏羽、ウミスズメ、カモ類、カイツブリ類、アビ類、カモメ類なども期待できそうなので、また参加する予定です。






ツアー詳細はこちらから ↓


http://www3.ocn.ne.jp/~kumataka/tour.html















人気blogランキング ← カンムリウミスズメのピンバッジとTシャツ買っちゃった



人気blogランキング


1日1回プチッとクリック ↑ よろしくお願いしますm(_ _)m。


にほんブログ村鳥ブログ 野鳥へ
posted by SS at 21:42| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。