2009年02月15日

八幡川河口調整池の運命

八幡川埋立地内の調整池
(click 八幡川河口埋立地内の調整池の現在の姿)





残された野鳥の楽園がついに消えるそうです。


徐々に埋立てを行うのかと思っていたら、


まず最初に、池の表面を全て黒いシートで覆おうとのこと。





八幡川埋立地内の調整池の運命
(click 広島県がやろうとしていること)




これって、要するに本格的な工事を行う前に鳥をいなくさせるってことなんでしょうね。


鳥がいれば、探鳥会で観察したり、報道が映像を流したりして、工事を進める広島県としては、非常に困る。


世界的絶滅危惧種のクロツラヘラサギが羽を休めていたりなんかしたらなお困る。




シートを覆うことは工事の必須条件なのでしょうか?


費用(税金)もかかるでしょうに。




それから、ここは今の調整池の1/3の面積が野鳥園になるそうです。

だったら1/3はそのまま残せばいいのに、いったん全部埋め立てて、造成するとのこと。

何年もかかって素晴らしい葦原の環境ができあがっているのに、全部壊して、一からやり直したいらしいです。

広島県はよっぽど裕福な県なのでしょう。







スズガモ
(click 来年はもうこんな姿を見ることはできません)







人気blogランキング ← 三番瀬の埋立計画を撤回した千葉県知事は本当に立派な方です。




ヒヨコclick_fukudashi
人気blogランキング


1日1回プチッとクリック ↑ よろしくお願いしますm(_ _)m。


にほんブログ村鳥ブログ 野鳥へ


posted by SS at 23:56| 広島 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。