2008年06月22日

悪魔に魅入られたバッタ

バッタの死骸
(草に抱きついたバッタ)




昨日、モニタリング調査の際におもしろことを教えてもらいました。

写真のバッタです。




一見して生きているように見えるのですが、死んでいます。

表面の色は赤茶色に変色し、草の茎にしっかり抱きついて止まり、まるでミイラのようです。

周りの草を探してみると、同じようにして死んでいるバッタが4、5匹いました。

どれも、同じポーズ。




実はコレ、Entomophaga grylii(エントモファガ・グリリ)という昆虫病原糸状菌っていうものらしいです。

この菌に感染したバッタは、自分の意志とは関係なく草や木のてっぺんまで登り死ぬ。

そして、糸状菌は死んだバッタから胞子を飛ばし、新たな宿主にとりつく。




もしも宿主が人間だったらホラー映画になりますよ、これはふらふら









click_fukudashiヒヨコ
人気blogランキング

1日1回プチッとクリック ↑ よろしくお願いしますm(_ _)m。



にほんブログ村 鳥ブログ 野鳥へ



posted by SS at 22:48| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。