2007年12月01日

どうして?

ミサゴ
↑クリック拡大
(ミサゴ / EOS 30D+EF400mmF5.6L)



ハイタカ♂
↑クリック拡大
(ハイタカ♂ / EOS 30D+EF400mmF5.6L)




鳥はよくわかりません。

水を張った田んぼがたくさんあるのに、どうして一つの田んぼに集まり水浴びをするのか?



ある田んぼでハシボソガラスハシブトガラスが水浴びをしていたので、しばし見とれていると、28羽のムクドリが着水。

一緒になって、水を飲んだり水浴びをしたり。




何だか面白そうだなと、リュックから椅子を取り出し、本格的に腰を据えて見ていると、1日中探して見つからなかったツグミまでやってきて水浴びを始める。

どうしてこの田んぼなんだろう。




その後、水浴び目的ではないのですが、タシギイソシギキセキレイハクセキレイセグロセキレイカワラヒワが入れ替わり立ち替わり。

タヒバリの集団がドーンとやって来て、最後はムネアカタヒバリまで。


ムネアカタヒバリ
↑クリック拡大
(ムネアカタヒバリ / KOWA TSN-664+CASIO EX-Z850)





エサが豊富だから鳥が集まるというのなら分かるのですが、

水浴び目的で特定の場所に集まる理由が分かりません。

ふらふらふらふらふらふら
posted by SS at 20:36| 広島 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

巨大な・・・(゜O゜;)

ミヤマホオジロ♂
↑クリック拡大
(ミヤマホオジロ♂ / EOS 30D+EF400mmF5.6L)




冬になるとカラ類の混群がよく見られますが、今日は師団級のドデカイ群に遭遇しました。




林道をブイブイ走っていると、

目の前のススキからハラハラとホオジロが飛ぶ。

道路脇に車を止めて、少し谷になった雑木の中を見ると、ガサゴソ鳥の陰。




ミヤマホオジロ♀
↑クリック拡大
(ミヤマホオジロ♀ / EOS 30D+EF400mmF5.6L)




ホオジロがまだいるのかと思い探ってみると、カシラダカの群。

正確な数は分かりませんが少なくとも20羽以上。

OH!カシラダカすごいねぇとさらに探ると、ミヤマホオジロが混じっている。

これまた20羽は軽くいる。




イヤ、それだけじゃない。

カラ類の声も。

コガラヒガラシジュウカラが組んず解れつ。




ミソサザイ
↑クリック拡大
(ミソサザイ / EOS 30D+EF400mmF5.6L)




当然、メジロも加わっていて、驚いたことにベニマシコの♀がメジロの下にいる!

ってか、ミソサザイも顔をのぞかせた。

ミソサザイは混群とは一緒に移動しないから、あまりの騒がしさに驚いて出てきたのか?




この他、姿は見えないがエナガもいるようだし、松の木の上にはヤマガラキクイタダキ

コゲラもコツコツやっている。




こんな混合大部隊見たことないがく〜(落胆した顔)




ルリビタキ♀
↑クリック拡大
(ルリビタキ♀ / EOS 30D+EF400mmF5.6L)



これらすべてが一緒になって群をなしているとは思えないのですが、あっという間に、そろって移動。

一瞬のうちに、谷は静まりかえってしまいました。




今日の鳥45

1.カイツブリ5
2.カンムリカイツブリ6
3.カワウ2
4.ゴイサギ1
5.コサギ4
6.アオサギ2
7.オシドリ55
8.マガモ11
9.コガモ16
10.ヒドリガモ87
11.オナガガモ♂28♀11
12.トビ9
13.ユリカモメ3
14.セグロカモメ3
15.ウミネコ2
16.キジバト8
17.カワセミ♀1
18.コゲラ2
19.キセキレイ2
20.ハクセキレイ12
21.セグロセキレイ4
22.ヒヨドリ3
23.ミソサザイ2
24.ルリビタキ4
25.ジョウビタキ♂2♀2
26.ツグミ5
27.キクイタダキ8+
28.ウグイスC1
29.エナガ6+
30.ヒガラ3
31.コガラ2
32.ヤマガラ10±
33.シジュウカラ2
34.メジロ15±
35.ホオジロ20+
36.カシラダカ20+
37.ミヤマホオジロ20+
38.アトリ1
39.カワラヒワC
40.マヒワ30+
41.ベニマシコ♀1
42.スズメ30+
43.ムクドリ50+
44.ハシボソガラス5+
45.ハシブトガラス10+
posted by SS at 21:50| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月03日

見つけたゾ

一瞬でした。




何かが木の中に飛び込む。

ほんの一部分、正確には色しか見えなかったのですが、

「何か変」

確かにそう感じました。




葉の揺れ具合から

ハトぐらいの大きさ?」

ぐらいの漠然とした感覚。




多分ドバトだろうとは思ったのですが、今日に限っては粘着質でした。

木から離れたり、近づいたり、

木の周りをクルクル回りながら、角度を変えながら、

舐めるように一本一本の枝を確かめる。




そして遂に!

ある一カ所から見上げると、

わずかな隙間からこちらをしっかりと睨んでいる鳥が。



ハイタカ
↑クリック拡大
(ハイタカ幼鳥? 広島城 / EOS 30D+EF400mmF5.6)





やっぱりハトじゃなかった。

しかもハトよりもデカっ。




たまには執念深さ、イヤ、粘り強さも必要かな。

っか、これってハイタカの幼鳥ですよね???たらーっ(汗)






今日の鳥14

(広島城)
1.カイツブリ12
2.コサギ3
3.カルガモ13
4.ヒドリガモ10:6
5.ホシハジロ28:8
6.キンクロハジロ10:8
7.トビ1
8.ハイタカ1
9.カワセミ1
10.ハクセキレイ2
11.ヒヨドリ5+
12.スズメ+
13.ハシボソガラス1
14.ハシブトガラス3
posted by SS at 22:43| 広島 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月04日

悪魔の囁きが・・・

トウゾクカモメ
↑クリック拡大
(トウゾクカモメ / EOS 30D+EF400mmF5.6)





季節は巡り、またまたウハウハ鳥のシーズン到来ですね。

毎年、毎年、日本のどこかにウハウハ鳥が現れては、ボクを悩ます。




Nさんは、

「遠くの珍鳥よりも、近くの県内初」

と、言われるのですが、見たことない鳥はやっぱり見たい。




「今見なかったら、次は何年後、何十年後かわからない」

と、囁かれると頭の中は99.9%、その鳥に占領されてしまう。




付ける薬なしたらーっ(汗)
posted by SS at 23:07| 広島 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | SSの地鳴き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

病魔

ツグミ
(ツグミ 広島城 / EOS 30D+EF400mmF5.6)




Aソ連型が変異。

今年はインフルエンザが大流行しそうとか。

そろそろワクチン接種しなきゃヤバそうですふらふら




鳥インフルエンザの方も怖いですね。

落鳥は触らない方が無難かも。




広島城の堀沿いを歩いていると調子が悪そうなツグミがいました。

ジャンプしたら届きそうなぐらい低い枝に止まり、プク〜っとふくれて逃げようともせず。

5分ぐらいの間に3度全く消化していないクスノキの黒い実をプイと吐く。

辛そうな感じでした。

自らの体力で頑張るしかないですね。



ってか、クスノキの実を食べ過ぎただけだったりしてたらーっ(汗)





今日の鳥19

(広島城)
1.カイツブリ7 8.キンクロハジロ15:1415.メジロ5+
2.ダイサギ19.トビ116.シジュウカラ2
3.コサギ110.カワセミ117.スズメ15+
4.アオサギ111.ハクセキレイ118.ハシボソガラス1
5.カルガモ1612.ヒヨドリ5+19.ハシブトガラス3
6.ヒドリガモ7:7 13.ジョウビタキ1
7.ホシハジロ22:7 14.ツグミ1
posted by SS at 21:48| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

今日もまた傷病鳥

ホシハジロ♂
(ホシハジロ♂ 広島城 / EOS 30D+EF400mmF5.6)





ヘンテコなホシハジロだなあ。



最初はそう思っていました。







というのも左右の羽の模様が違うから。



右の翼に模様が入っているのです。





ホシハジロ♂
(ホシハジロ♂ 広島城 / EOS 30D+EF400mmF5.6)





あまり気にもとめなかったのですが、毎日見ているうちに、だんだんと気になり始める。



じっくりと観察してみると、どうやら翼を痛めているみたい。



翼を閉じても、きちんと収まっていません。



模様が付いているように見えたのは、三列風切の下に初列、次列が収まらなくてむき出しになっていたから?






春はまだまだ先。



どこがどう痛んでいるのかわかりませんが、北に帰るまでに良くなるといいのですが。





ホシハジロ♂
(ホシハジロ♂ 広島城 / EOS 30D+EF400mmF5.6)
posted by SS at 21:49| 広島 | Comment(6) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

ムズムズ

アオサギ
「かいい〜の」  (アオサギ 広島城/ EOS 30D+EF400mmF5.6L)




最近ミョ〜にカラダが痒いんですふらふら

乾燥しているせいかなぁ。



特にこうしてブログを書いていると、背中の方が痒くなって、でも手が届かないふらふら

「孫の手くれ〜〜」

って感じです。




今日はツグミを8羽も見つけました。

密かにツグミのおやぢ軍団増強中です。




ちょっぴり変ったツグミとちょっぴり変ったカモを毎年期待しているのですが、そんなものはそう簡単にはやって来ませんね。

ちょっぴり変ったヒタキも見たいなたらーっ(汗)




(^^;)ゞポリポリ





今日の鳥19

(広島城)
カイツブリ12、コサギ5、アオサギ1、カルガモ7、ヒドリガモ♂8♀4、ホシハジロ♂27♀7、キンクロハジロ♂17♀8、トビ4、セグロカモメ2、カワセミ1、ハクセキレイ1、ヒヨドリ10+、ジョウビタキ1、ツグミ8、シジュウカラ1、メジロ5+、スズメ25+、ハシボソガラス1、ハシブトガラス5+
posted by SS at 21:10| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

山陰バス探鳥会1日目

071208_1620~0001.jpg
(米子水鳥公園 / au W51CA)





イイ湯だなぁ。

ナトリウム、カルシウムがカラダの奥まで浸透し、今日一日の疲れが癒された感じです。




今、ボクは広島県支部主催の山陰バス探鳥会で米子に来ています。

山陰へはちょくちょく来るようになったので、

「わざわざバス探鳥会に参加しなくても」

なのですが、鳥好きに囲まれた鳥旅は、個人的な鳥見とはまたひと味違って、とても楽しいです。


071208_1619~0001.jpg
(米子水鳥公園 / au W51CA)





この探鳥会へは2度目の参加。

2年前はツグミの到来が遅く必死にツグミを探したこと、雪がめちゃめちゃ多かったことを記憶しています。




さて、今年はというと、ヤマセミが出まくり。

個人的には7羽のヤマセミを見ました。

また、イワツバメはこの探鳥会では初だったようです。




トモエガモもやっと確認できて、今年の確認種は279種となりました。

と言ったら

「県内200種達成していないからダメでしょ」

とダメ出しされちゃいました^^;

今年は300種見たとしても県内200種を達成しない限り許してもらえそうもありません(^_^;)



071208_1633~0001.jpg
(穴に隠れるしかない / au W51CA)





明日はナンチャッテホオジロと赤い帽子のかわいいやつをぜひ見つけて一気に280種オーバーしたいです。

県内観察種は1種も更新できませんが^^;






今日の鳥54種

(山陰バス探鳥会1日目)
カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ゴイサギ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、クロツラヘラサギ、マガン、コハクチョウ、オシドリ、マガモ、カルガモ、コガモ、トモエガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ミコアイサ、カワアイサ、ミサゴ、トビ、オオタカ、ノスリ、ハヤブサ、バン、オオバン、ユリカモメ、セグロカモメ、ヤマセミ、イワツバメ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、モズ、カワガラス、ジョウビタキ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、ホオジロ、スズメ、ムクドリ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス
posted by SS at 20:48| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

山陰バス探鳥会2日目(野生の叫び編)

ハヤブサ
(ハヤブサ / 山陰バス探鳥会)




遂にボクは野獣と化した。




バス探鳥会2日目。

午前中の探鳥地を順調にまわり、バスは宍道湖へ。

某お土産店で休憩&昼食の弁当を積み込み、いざ最後の探鳥地・宍道湖へ。




の予定でしたが、旅行会社のミスで受け取るはずの弁当が準備されていない(゜O゜;)

急きょお土産物店の2階レストランで出雲そばを食べることに。

ボクとしては、出雲そばには目がないのでそっちの方がよかった手(チョキ)

ボクの口の中は、すでに出雲そばモード全開グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)




が…

レストランはいきなり25名のお客を抱え、スタッフの人数も心の準備もできていなかった。




「はらへった、メシ食わせ! はらへった、メシ食わせ!」

探鳥会のメンバーの食い入るような目が厨房のおばちゃんに訴える。

「誰が何と言おうと、あたしゃ、頑張ってるんだよ。ああ、これ以上無理だよ、無理だよ。そんな目で見たらあたしゃぶっ倒れるよ。そうしたら、金輪際そば定食は食べられないんだからね」

と、おばちゃんは、パニック状態。




コチョウゲンボウ♀
(コチョウゲンボウ♀ / 山陰バス探鳥会)





やっとのことで、少しずつそば定食ができあがってくる。

し、しかし!

厨房に近いテーブルからそば定食が出されていく。

ボクが座ったテーブルは・・・

厨房から一番遠いがく〜(落胆した顔)




すでに椅子に座ってから30分経過。

そば定食が出たテーブルからは談笑が聞こえる。

しかし、ボクのテーブルの欲求不満度は急上昇。

皆さん顔では笑っているが、もしも厨房のおばちゃんが手ぶらで近づこうものなら、その痩せた足にでも食らいつきそうな勢い。



やっと隣のテーブルまでそば定食が出された。

あと一歩。




ところが、ふと窓の外を見ると、新たに観光バスが到着。

隣の部屋には昼食の準備がされていて、おそらく観光バスの乗客はココで昼食みたい。

と言うことは、厨房のおばちゃんますますパニクって、そば定食はどこかに飛んでいってしまうがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)



あああ、案の定、観光バスの乗客がドカドカとやって来て、おばちゃん、完全にボクたちのテーブルのことは忘れてしまったがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)

「おばちゃん、メシ食わせろ〜〜〜」ふらふら

同席したメンバー全員の目が血走る。




コミミズク
(コミミズク / 山陰バス探鳥会)





おばちゃん、やっと忘れかけていた何かを思い出し、ボクたちのテーブルにもそば定食が並び始めた。

しかし、人数分全てが運ばれてきたわけではない。



「どうじょ、どうじょ、ボクは後でイイですから」

諸先輩方を前にボクは常識人間的行動をとる。



ところが、紳士的言動とは裏腹に、前の方がズルズルとそばを食べ始めると、

こんなことは、めったにない、

イヤ、誓って初めての経験なのですがあせあせ(飛び散る汗)

おあずけをされた犬のように、生唾がダラダラ出てきて、

口から垂れないようにするだけでも大変。

それはまるで決壊したダムの様相。




そして、ボクの食欲はピークに達し、遂に本能むき出しの野獣になってしまったどんっ(衝撃)




気づいたときには、哀れな厨房のおばちゃんの痩せた足に食らいついていました。

(意外とスルメの味がした)



「バス探鳥会の結果はどうした!」

とおっしゃるかもしれませんが、

今回のバス探鳥会で一番印象に残ったのは、ハヤブサでも、コチョウゲンボウでも、コミミズクでもなく、そば定食だったのですからたらーっ(汗)




今日の鳥84種 + 2

(山陰バス探鳥会)
カイツブリ、ハジロカイツブリ、カンムリカイツブリ、カワウ、ゴイサギ、ダイサギ、コサギ、アオサギ、クロツラヘラサギ、マガン、カリガネ、コブハクチョウ、オオハクチョウ、コハクチョウ、オシドリ、マガモ、カルガモ、コガモ、トモエガモ、ヨシガモ、オカヨシガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ホオジロガモ、ミコアイサ、ウミアイサ、カワアイサ、ミサゴ、トビ、オオタカ、ハイタカ、ノスリ、ハイイロチュウヒ、チュウヒ、ハヤブサ、チョウゲンボウ、コチョウゲンボウ、バン、オオバン、シロチドリ、タゲリ、ハマシギ、イソシギ、ユリカモメ、セグロカモメ、カモメ、ウミネコ、ズグロカモメ、キジバト、コミミズク、ヤマセミ、カワセミ、コゲラ、ヒバリ、イワツバメ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、タヒバリ、ヒヨドリ、モズ、カワガラス、ジョウビタキ、イソヒヨドリ、シロハラ、ツグミ、ウグイス、キクイタダキ、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、アオジ、オオジュリン、スズメ、ムクドリ、ミヤマガラス、ハシボソガラス、ハシブトガラス

オオセグロカモメ、カワラヒワ
posted by SS at 23:57| 広島 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

ナーバス・バット・グラマラス

ホシハジロ
(ホシハジロ 左:虹彩が赤くない 右:通常の虹彩 / EOS 30D+EF400mmF5.6)





グラマラスなホシハジロがいると聞いたとき、ボクはピンときました。

ヤンキー娘に違いないと。




図鑑で見ると胸デカっ。

Eカップ、いやFカップはあるんじゃない?

ネットで写真を収集していくうちに、広島城の堀で泳ぐその姿が、だんだんと現実の物となっていく。

広島城の堀に行けば、

「ハロ〜、ヤットミツケテクレタノネ黒ハート ズットマッテイタノヨ黒ハート黒ハート

と、ヤンキー娘は微笑んでくれるはず。




ワクワク、ドキドキしてきたゾ〜。




心臓をバッコン、バッコンさせながら、ソロリと堀に近づくと、

「おる、おる、いっぱいおるでぇ」

ホシハジロを1羽ずつチェックしていく。




あれ?

おかしい。

すぐに、

「ハロ〜、ハロ〜」

って、あいさつしてくれるはずだったに。

おらんたらーっ(汗)




結局すべてのホシハジロをチェックしましたが、ヤンキ〜娘は見つからず。

ってか、オスだったらしい(汗)




良く言えば想像力が豊か。

悪く言えば、重度妄想癖。




そんな鳥は広島城にはおりませんので、ご安心ください。

お騒がせしました。





今日の鳥21

(広島城)
カイツブリ11、ダイサギ1、コサギ5、アオサギ1、カルガモ9、ヒドリガモ9:5、ホシハジロ24:7、キンクロハジロ10:11、トビ1、ハヤブサ1、ハクセキレイ1、ヒヨドリ10+、ジョウビタキ♂1、シロハラ2、ツグミ5+、エナガC、メジロC、カワラヒワ10±、スズメ20+、ハシボソガラス2、ハシブトガラス5
posted by SS at 23:21| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。