2007年07月27日

広島市の中心部で

広島市中区
(広島市中区 au W51CA)





見慣れた鳥でも、意外な時間に意外な場所で出逢うと胸が高鳴ります。




太陽は沈んだとはいえ、生暖かいよどんだ空気が体にまとわり付き、ジッとしていても、ジワ〜っと汗がにじみ出てくる午後8時前。

仕事を終え、広島市のもっとも賑やかな通りを歩いていると、

「チュチュン、チュチュン」

と、鳥の鳴き声。

こんな時間、こんな場所に鳥がいるわけない。きっと何かの機会から発せられる音に違いない。

最初はそう思っていました。

ところが鳴き声はだんだんと大きくなり、その数も増してきたのです。

声が聞こえてくるあたりを目を凝らしてみると、街路樹にかなりの数の鳥の陰。

スズメ?




横断歩道を渡って近づいてみると、尾が長い。

街のど真ん中で双眼鏡を取り出すのは少し気が引けましたが、どうしても確かめたく、白い目で見られるのを覚悟で、双眼鏡でのぞいてみると、ハクセキレイの集団でした。

その数、少なくとも30羽。

ほとんどが幼鳥。

思わぬ出逢いに、行き交う若い女性の白い視線にも全く動ぜず。

しばらくの間、このすばらしい光景に見とれていました。




それにしても、車がビュンビュン走り、一晩中明るい広島の中心部にハクセキレイのねぐらがあるとは。


posted by SS at 23:56| 広島 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。