2007年01月01日

謹賀新年

070101_2142~0001.JPG




皆様 明けましておめでとうございます。

今年も野鳥わくわくウォッチングをよろしくお願いします。

毎日更新できるようガンバリマス。





早速、実家の近所に初鳥見に行ってきました。

今年のお正月はあったか〜い。

ジジイはうれしいデス(^_^)v




毎年、最初に何を見るか楽しみにしていますが、今年は新年初の鳥はカルガモ。

のんきそうに池に7羽浮かんでいました。

その池のそばで小さな小さな鳥居を発見。

見ると「○の子神社」と書いてある。

○の部分は多分鳥の名前。

鷲のように漢字の下側に鳥という字が付いているから。

要するに漢字が読めない(≧◇≦)。

名前が気に入ったので鳥居をくぐり、山の中へと続く階段を登って行くと、これまた小さな小さな神社が現れた。

グェ

こんな小さな神社にも賽銭箱があるよ。
お詣りだけで済ませようと思ったのになぁ。

しゃあないからお金を入れようとしたら、松葉が詰まっていて入らない。

賽銭はいらないらしい。

そんなひなびた神社でしたが、これがボクの初詣。

お賽銭を無理やり押し込み、たくさんたくさんお願いをしました(^^;)




ところで、今年の目標をいろいろ考えてみたのですが、去年同様、年間200種、できたら広島県内で200種見てみたいです。

なんて書いたら、

「SSは広島県以外の鳥情報はいらないらしい」

と言われそう(≧◇≦)

地の果てまで行きますから、昨年同様に、皆様よろしくお願いします。m(_ _)m
posted by SS at 22:38| 広島 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月02日

年末年始の鳥たち

ベニマシコ
(ベニマシコ 世羅町 / EOS 30D+EF400mmF5.6)




正月三が日で沢山鳥を見ようと目論んでいたのですが、いきなり雨。

実家の方で、一日ゴロゴロしていたので早くもブログのネタに困ってますたらーっ(汗)




とりあえず、年末年始の画像をUPします。

今年は冬鳥が多いので、実家の近くはどこに行ってもハズレなし。

ベニマシコ、ミヤマホオジロ、カシラダカは10〜20羽の小集団がいました。



ミヤマホオジロ
(ミヤマホオジロ♂ 世羅町/ EOS 30D+EF400mmF5.6)



ルリビタキ
(ルリビタキ♀ 三原市/ EOS 30D+EF400mmF5.6)



ホオジロ♀
(ホオジロ♀ 世羅町 / KOWA TSN-664+CASIO EX-Z850)




正月なので、とりあえずこれでご勘弁くださいたらーっ(汗)




今日の鳥1

(東広島市)
ヨシガモ11
posted by SS at 23:57| 広島 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月03日

県内で鳥を見る

ミヤマホオジロ
(ミヤマホオジロ / KOWA TSN-664+CASIO EX-Z850)




元旦のブログに今年の目標は広島県内で200種なんて書きましたが、昨年あんなに沢山鳥を見たのに広島県内で見た鳥は188種。

かなりハードルが高い目標ふらふら

言うんじゃなかったたらーっ(汗)




ところで、鳥には県境はありませんが、見る人の方は多かれ少なかれ自分が住んでいる都道府県で見たいという気持ちがあるようですね。

昨年暮れに、米子に飛来したクロヅルがいい例。

鳥取県のすぐ隣の島根県安来市に飛来していたクロヅルが、チョコット移動しただけ。

でも、新聞でも大きく取り上げられて四十数年ぶりとかで大騒ぎ。

モチロン、広島県に飛来すればもっと大騒ぎになるかも。




県内で鳥を見ることについて、ボクは一つ疑問に思ったことがあります。

それは、県境付近で見た場合。

たとえば山口県上空を飛んでいる鳥を広島県から見た場合どうなのか?

このことについて、K先生にお尋ねしたところ、

「観察者の足が着いている場所が広島県内なら、どこの鳥を見てもOK」

ってことらしいです。

まぁ、別に公式ルールがあるわけではないので、ボクもこのルールに従い、カウントしてみます。

「SS!そんなんどうでもええじゃろぉ!」

って、お叱りにならないでください。

遊び心も必要ですからたらーっ(汗)




ボクとしては、早く中国5県が合併して中国州になって欲しいです。

中国州ならかなり広いし、山口、島根、鳥取という鳥が多い地域が入りますからたらーっ(汗)




ニホンザル
(ニホンザル / EOS 30D+EF400mmF5.6)





ああ、だけどもう一度、もう一度申し上げます。

地の果てまで行きますので、引き続き、広島県以外の情報お願いいたしますあせあせ(飛び散る汗)




今日の鳥36

カイツブリ6、カンムリカイツブリ7、カワウ5、コサギ4、アオサギ6、オシドリ21、カルガモ8、コガモ♂19♀15、ヒドリガモ♂11♀8、オナガガモ♂25♀14、スズガモ♂4♀6、ミサゴ1、トビ4、ユリカモメ81、セグロカモメ2、ウミネコ12、キジバト4、コゲラ1、キセキレイ2、ハクセキレイ7、セグロセキレイ4、ヒヨドリ10+、ジョウビタキ♂1♀1、シロハラS、ツグミ+、ウグイス1、エナガ11、ヤマガラ1、シジュウカラ3、メジロ5+、ホオジロ6、ミヤマホオジロ6、スズメ11、ムクドリ3、ハシボソガラス15+、ハシブトガラス3

番外 ニホンザル3
posted by SS at 22:50| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

広島城 鳥見初詣

20070104souji.jpg
(堀のゴミをすくうオジサン 広島城 / COOLPIX7900)




「広島城も縮景園も掃除しすぎ!鳥が隠れる場所やエサがなくなるだろ!」

と、バーダーから評判が悪い過剰清掃作業。

しかし、今日ばかりは頭が下がる思いでした。




ゾロゾロゾロゾロゾロゾロゾロゾロ。

1月4日だというのに、護国神社はまだまだ初詣の行列。

ボクは護国神社ではなく広島城に鳥見初詣。




毎年、正月明けの広島城はゴミが散乱していて、あまり行く気になれません。

「今年もカラスがゴミを散らかしているんだろうなぁ ゲゲゲェ」

って思いながら、広島城へ行ってみると、どうしたことかきれい。

ゴミ一つ落ちていないってことはありませんが、でも、かなりきれい。

見ると、掃除のオジサンが頑張って掃除をされていました。

正月返上ですね。




20070104souji02.jpg
(リヤカーいっぱいのゴミ 広島城 / COOLPIX7900)




初詣はその年の健康や幸せを祈るためにお参りするものでしょうが、ゴミを散らかして帰るような人がいくらお参りしたって、健康にも幸せにもならんゾ!

「とっとと地獄へ堕ちろ!」 ヒッヒッヒッ猫

って、ほんとにたのんますヨ。

喜んでいるのはカラスぐらいですからたらーっ(汗)





ところで、たこ焼きやらたい焼きをもらって、さぞかしご満悦だろうと、カモたちをのぞいて見ると、初詣客で賑わっていたせいか、西側の堀へ移動しているものが多い。

また、あんなにたくさんいたツグミがいなくなっていました。

後で縮景園へ行ってみてわかったのですが、どうやら縮景園に移動しているようなのです。

50羽以上のツグミが飛び交っていました。




広島城に平穏が訪れるのはもう少し先でしょう。

でも、行くところがないから明日も行きますがたらーっ(汗)



ヤマガラ
(ヤマガラ 広島城 / EOS 30D+EF400mmF5.6)







今日の鳥23

(広島城)
カイツブリ6、カワウ1、コサギ1、ヒドリガモ♂5♀2、ホシハジロ♂24♀11、キンクロハジロ♂22♀6、トビ1、キジバト1、セグロセキレイ2、ヒヨドリ5+、ツグミ3、ヤマガラ2、スズメ10+、ハシボソガラス20+、ハシブトガラス80+

(縮景園)
カイツブリ3、カワウ4、アオサギ2、カルガモ2、ヒドリガモ♂4♀4、キンクロハジロ♂1♀1、ミサゴ1、トビ2、イソシギ2、セグロカモメ5、キジバト1、ハクセキレイ3、ヒヨドリ10+、シロハラ3、ツグミ50+、ウグイスC、スズメ10+、ハシボソガラス1、ハシブトガラス15
posted by SS at 21:02| 広島 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月05日

新年の誓い

ツグミ
(ツグミ 広島城 / EOS 30D+EF400mmF5.6)





ところで、お腹ってのは、どうしてこうもいとも簡単に出てくるのでしょうか。

仕事中に何気なく腰に手を当てて、ビックリしました。

そこにあるはずのズボンのベルトがない。

ベルトをするのをすっかり忘れていたがく〜(落胆した顔)

にもかかわらず、ベルトをギュッと締めているかのごとく、

「ズリ下ろせるものならズリ下ろしてみろぉ!」

と言わんばかりに、ズボンが腰に食い込んでいるのです。

少なくとも年末にはこんなことはなかったハズ。

正月の悪行三昧がキッチリとお腹に蓄積されたらしいふらふら




実は、昨日、広島城二の丸付近にたい焼きの屋台があったので、今日は食べてやろうともくろんでいたのです。

しかし、当分、甘いモノはやめようと新年の誓いを立てました。

少なくとも午前中までは。




たい焼きの夢は絶たれ、ノロノロと重い足どりで広島城に向かって歩いていると、ゾロゾロと初詣帰りの人々。

こっちのにいちゃんは、

「このイカ焼きうめぇ〜。ジジイになれば誰でもお腹がでるんだから、我慢せずに食べろよ。」

って顔してイカ焼きに食らいついているし、

あっちの小さな女の子は

「ああ、リンゴ飴ちゃん、あなたは私の全てよ。もう絶対に離さないわ揺れるハート

と、小さな手にしっかりとリンゴ飴を握りしめている。

極めつけは小学校低学年ぐらいの男の子を連れた小太り家族。

「毎日、毎日、ボクらは鉄板のるんるん 上で焼かれてイヤになっちゃうよぉるんるん

ってお父さんが歌い、それに合わせて子どもがたい焼きブンブン振り回してる。

「小僧!食べ物を振り回すんじゃない!おじちゃんはたい焼き食べたいのに我慢してるんだゾ!」

ってか、この瞬間、新年の誓いはもろくも崩れ去ったのでした。




「たい焼き!たい焼き!たい焼き! オジサン、焼きたてホカホカのたい焼きを、ボクに、このボクに、おくれ〜!」

って、屋台に飛び込むつもりでした。


しかし・・・がく〜(落胆した顔)


昨日まで確かにそこにあったたい焼きの屋台がない。




ボクのこのショック、わかっていただけますか?

ボクの脳みそは粒あんになり、両腕はヒレと化し、

「まぁいにちるんるん まぁいにちるんるん ボクらは鉄板のぉるんるん

って、知らないうちに口ずさみ、

全身全霊、たい焼きジジイ化していたんです。



キンクロハジロ♂
(キンクロハジロ♂ 広島城 / EOS 30D+EF400mmF5.6)




ガックリと膝を落とし、お堀のそばに座り込むと

「ジジイ、エサくれるんか?」

って、のんきなキンクロハジロが集まってきました。

「おめぇら、散々たい焼き食べさせてもらったんだろうが、このクサレガモどもめが!」

って目で見ると

「なんだ、タダの行き倒れジジイらしい」

と言いたげな顔して、スイスイ遠ざかる。

そばでは、寝たふりをしたホシハジロが水面をクルクル回ってバカにする。ふらふらキィ〜




でも、待てよ、あの小太り家族はたい焼きを持っていた。

ということは、たい焼き屋はまだ他にもあるはずひらめき




とりあえず、片っ端から屋台をのぞいてみる。

こっちは・・・ ちゃう、たこ焼き屋。

まぁ、腹ごしらえに食べてみるか。

フレンチドックもイイねぇ。

あれ、こっちはアメリカンドック

フレンチとアメリカン、どう違う?

食べ比べてもよくわからない。

ふわふわの綿菓子も押さえておかないと。

ハシブトガラスがもの欲しそうな顔をして見つめているけど、

「オマイらには、じぇぇ〜ったいにヤラン!割り箸についてる砂糖までなめて
やる!」猫ケッケッケッ



護国神社前
(護国神社前 / COOLPIX 7900)




そして、散々、屋台を荒らしたあと、やっと、や〜っと見つけた! 燦然と輝く「たい焼き」の文字。

「おにいさん、普通のあんこにする?クリームにする?」

「つぶあん以外はたい焼きじゃないぜ、オッサン」

「ノーガキはええけぇ、何個?」

「1個くださいたらーっ(汗)

「1個ォォォォ?」

「い、いえ、ご、5個たらーっ(汗)たらーっ(汗)

「あいよ」



たい焼き
(たい焼き/ COOLPIX 7900)




「おい、キンクロどもよく聞け! さっきは、エサをもらえないとわかった瞬間、手のひらを返したようにス〜っと逃げたろう。オマイらにはじぇったい、じぇ〜〜ったいヤラン」

涎垂らしてよく見てろ、たい焼きはこうして、頭からガブ〜〜ッて・・・

ぐぇふらふら

なんじゃ、このあんこ。

中から出てきたのは・・・

デレデレでドロドロのへなちょこあんこ

しかも甘すぎ。ゲロマズふらふら




5個も買ったのにどうすりゃいいんだ。

そんなボクの心理を見抜いたのか、キンクロハジロがマスマス近づいてくる。

「オマイら、そんなにたい焼きが欲しいんか? わかった、わかった。でもなぁ、

オマイらには、じぇぇ〜〜〜ったいヤラン!」

ええい、こなったら全部食べてやる。


・・・


今ボクは、張り裂けそうなお腹をかかえながら、胸焼けに苦しんでいますふらふら




教訓1:ジジイになったらたい焼きは1日1個にしておきましょう。

教訓2:野鳥に言いがかりをつけるのは慎みましょう。



ちなみに

フレンチドック・・・中身が魚肉ソーセージ

アメリカンドック・・中身が肉のソーセージ

              らしいたらーっ(汗)




今日の鳥17

(広島城)
カイツブリ4、カワウ1、コサギ1、ヒドリガモ♂3♀1、ホシハジロ♂24♀9、キンクロハジロ♂20♀11、トビ1、ハクセキレイ1、セグロセキレイ2、ヒヨドリ6、ジョウビタキ♂1、ツグミ20+、ヤマガラ1、メジロ1、スズメ20+、ハシボソガラス+、ハシブトガラス30+
posted by SS at 23:21| 広島 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

寒さ疲れ

オナガガモ
(右の翼が傷ついたオナガガモ♀ / KOWA TSN-664+CASIO EX-Z850)




「寒さ疲れ」っていうことがあるのでしょうか。

今日の寒さと強風には参りました。

何をしたというわけではないのに、疲労困憊です。




橋の上に立って川の中を見ていると、右の翼をダラリと垂らしたオナガガモ♀が1羽。

明らかにおかしい。

ウロウロ歩き回るばかりで、飛ぶ気配なし。

おそらく骨折か何かの怪我をしているのでしょう。

彼女はもう北に帰ることはできないのでしょうか。




と、思った瞬間、突風がビュ〜〜ッと吹き付け、帽子がアレ〜〜がく〜(落胆した顔)

川の中に落ちてしまいましたが、幸い砂の上で助かりました。

それにしても、風が強いふらふら さぶいふらふら



カモメ
(前カモメ 後ユリカモメ / KOWA TSN-664+CASIO EX-Z850)




珍しくカモメがたくさんいました。

ズグロカモメを見たかったのですが、あまりの寒さに干潮まで待てずふらふら



アカエリカイツブリ
(アカエリカイツブリ / KOWA TSN-664+CASIO EX-Z850)




集団で寝ているカンムリカイツブリの中に怪しいヤツが1羽。

ひょっこり顔を起こすと、アカエリカイツブリひらめき

今の時期、ジミジミですね。




さっき天気予報を見ていると北海道付近の低気圧が960hpに発達するとか。

こりゃ台風台風並ですね。

明日は今日よりも風が強いみたいなんで、鳥いないかな。

だけど、懲りないジジイは明日も風に向かって自転車こぎますヨあせあせ(飛び散る汗)

と、景気のいいこと言いましたが、寄る年波には勝てず、ジジイは疲れたんで今日はもう寝ますたらーっ(汗)




今日の鳥37

カイツブリ1、アカエリカイツブリ1、カンムリカイツブリ13、カワウ6、ダイサギ1、コサギ6、アオサギ12、マガモ♂18♀12、カルガモ6、コガモ♂8♀12、ヒドリガモ♂44♀29、オナガガモ♂69♀46、スズガモ♂24♀36、ホオジロガモ♀1、ウミアイサ♂3♀10、ミサゴ3、トビ5、チョウゲンボウ♀1、シロチドリ2、イソシギ3、ユリカモメ109、セグロカモメ10、カモメ69、ウミネコ13、キジバト5、カワセミ1、ハクセキレイ13、セグロセキレイ4、ヒヨドリ6、モズ3、ジョウビタキ♀1、ツグミ1、シジュウカラ1、スズメ48、ムクドリ35、ハシボソガラス8、ハシブトガラス3
posted by SS at 20:04| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

外を歩いてなんぼですネ

20070107benimashiko.jpg
(ベニマシコ♂ / KOWA TSN-664+CASIO EX-Z850)




確かにボクはネコと一緒にコタツで丸くなって寝ていました。

窓越しに外を見ると、雪が積もって寒そう。

甘酒をズズズッ〜と一口すする犬 ウメェ

ぽっぺけさんからブログのコメントが入ったのは、そんな怠惰な時間を過ごしている時でした。


「雪をバックにした鳥の写真が撮りたい、とか言って、もう何処か飛んでいったかな・・・」


そのコメントを読んだ瞬間、カッチンとボクの鳥見のスイッチがONにひらめき

外を歩いてなんぼ。家の中にいたんでは、庭に来るスズメぐらいしか見ることができない。




それから5分も経たないうちに、ボクは玄関を飛び出しチャリンコこいでましたダッシュ(走り出すさま)



20070107mejiro.jpg
(メジロ / KOWA TSN-664+CASIO EX-Z850)




「雪をバックにした鳥」

さぞかし、きれいなだろうなぁ。

できたら、赤いのがいいなぁ。

って、想像を膨らませていたら、ベニマシコが要望どおりにポーズをとってくれました。




柿の木には、20羽のメジロの群にツグミヒヨドリ

食べ物がない雪の日の大切な食料なのですネ。

コタツで丸くなっていたら、こんなシーンは見られなかった。

ぽっぺけさんに感謝、感謝。(但し、気持ちだけたらーっ(汗)



アオバト♂
(アオバト♂ / EOS 30D+EF400mmF5.6)







今日の鳥20

トビ1、キジバト4、アオバト♂1、ヒヨドリ10+、モズ♀1、カヤクグリ1、ルリビタキC、ジョウビタキ♀4、ツグミ13+、ヤマガラ12+、シジュウカラ♂2♀1、メジロ30+、ホオジロ20+、カシラダカ6、ミヤマホオジロ♂1、アオジ7+、ベニマシコ♂2♀2、スズメ20+、ハシボソガラス+、ハシブトガラス1
posted by SS at 19:21| 広島 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月08日

楽しく、最悪で、救われた日

20070108kanban.jpg


水鳥が飛来するので砂浜に入ってはいけないらしい。 フムフム犬



20070108fence01.jpg


人工干潟の工事をしているので、立ち入ってはいけないらしい。 ナルホド犬


20070108fence02.jpg


そんなことより、フェンスが隅から隅まで張ってあって、一目見ただけで中に入ってはいけないと、良識ある人ならわかるらしい。 ダヨネェ犬



な、なのに・・・

フェンスをすり抜けて、野鳥のために作った浜に入る人。

しかも犬を連れて。

「そこは立ち入り禁止じゃぁexclamation×2

ボクは怒鳴りました。




今まで、こんなことを言ったことは一度もありません。

せいぜいブログで「ゴルァ」って、書くぐらいのへなちょこ野郎ですからたらーっ(汗)

でも、今日という今日は我慢できなかった。

どうしても許せなかった。




実はここに至るまでには、伏線がありました。

午前中は山の鳥を見に行ったのですが、そこで見た不法投棄された冷蔵庫。

ぽっぺけさんもブログで激怒していましたが、不法投棄が増えたのは、メーカーの利益優先の悪法・家電リサイクル法のせい。

やっと改正されるかと思ったら、来年の通常国会まで先送りとか。

不法投棄されたゴミは、国民の税金を使って回収しているのだからますます頭に来る。



20070108ruribitakaki.jpg
(この鳥で満足していればよかった・・・)




山にはそれなりに鳥がいて楽しかったので、今日の鳥見はここでやめておけばよかったのです。

なのに、何となく物足りなくて、午後から出かけたのが間違いの始まりでした。




海に行くと一昨日すぐ近くに沢山いたカンムリカイツブリウミアイサの姿が全くない。

見ると、砂浜に何やら人が描いた線のようなモノがある。

「また、フェンスの隙間から入ったのか。だから鳥がいないはずだ」

実際カンムリカイツブリスズガモはずっと沖の方にいたのですが、心ない人のために鳥も安心して羽を休めることができないのかと、「マリンジェット騒動」のことを思い出しながら、ムカ〜ッとし始めていました。




立ち入り禁止のフェンスの中へ犬を連れた夫婦らしき人が入ってきたのはその時でした。

その人たちも運が悪かったと言えばそうかもしれません。

ボクの積もり積もった気持ちは遂に爆発。

「そこは立ち入り禁止じゃぁ!」

って思わず叫びました。

するとその男の人は、何やら言ったようです。

「わかった」

と言ったのかもしれません。

しかし、次の瞬間、


その人は犬の首輪に手をやり、リードを放したのです。


ブチッむかっ(怒り)

ボクは完全に切れました。

「そっちがそういう態度をするなら、こっちも考えがあるぞ。」

と言わんばかりに、カメラを向けたのです。

実際にはシャッターは切りませんでしたが、

「非常識なヤローをしっかりカメラに納めて世間に公表してやる!」

という圧力になったはず。

相手はカメラに気づき、やっとフェンスの外へ出ました。




「まぁ、かわってくれればそれでいい」

と、一安心して、カンムリカイツブリをスコープで覗いていると、スタスタとそのふたりがやって来た。

「さっきはすまんかったねぇ」

とでも言うのかと思っていると

「何で、カメラ向けるんねぇ!」

と猛烈に抗議をしはじめた。

ボクも最初からケンカ腰で、

「水鳥がいるからここは立ち入り禁止なのがわからんのんか!」

と言うと

「そんなことは知っている。ずっと前からみんな入っている。」

と火に油を注ぐ。

「みんながやっていればいいんか? このフェンスが目にはいらんのんか?だいたい、犬を放したらいけんだろうがッ!」

とまくし立てると

「広島にはドッグランがないからだろぉ!」

「ドッグランがなかったら水鳥のいるところで犬を放してもいいんかッ!」

頭に血が上るとはまさにこのこと。

ボクは不法投棄された冷蔵庫とマリンジェットへの怒りもひっくるめて、相手にぶつけました。




その後、場所を変えて冷静に鳥を見ようとすればするほどムカついて、全く鳥が目に入らず。

友だちに電話して怒りをぶちまけましたがなかなか怒りは収まらず、

「家に帰って寝た方がいい」

という友だちのアドバイスどおり、

「コンニャロ、コンニャロ」

と、自転車のペダルに怒りをぶつけながら帰宅。




帰宅後もムカムカして、テーブルの上にあった新聞を乱暴に開いたりしていると、「帝釈峡探鳥会」の記事が目に止まりました。

そこには、

「鳥の姿を見たときは自然の中に宝物を発見したような気持ちになった」

という、支部長さんのコメントが掲載されており、これを読んだ瞬間、ボクの怒りはウソのようにすーっと収まったのです。




冷静になって考えてみれば、犬の飼い主は、みんなもやっているし、今まで注意もされなかったのに、いきなり文句を言われ、しかもカメラを向けられ、自尊心を大いに傷つけられたわけで、逆ギレするのも当然なのかもしれません。

ボクも犬を飼っているから、広い場所で犬を自由に走らせてやりたいという、飼い主の気持ちもわかります。

フェンスで囲まれていて誰もいない浜は絶好の場所ですから。

それにボク自身、立ち入り禁止場所に勝手に入るぐらいのことは一度ならず経験があるし、法律を遵守して生きてきたのかと問われれば、「そうです」とは言えません。

頭ごなしに怒られれば、悪いことだとわかっていても、納得できないのが人の感情。

結局は、「野鳥の保護のために浜に入らないで欲しい」という気持ちは相手には伝わらず、いい年をした大人のつまらないケンカに終わってしまいました。




今日の出来事やボクのこれまでの鳥や自然に接する態度を含め、

「ボクは何をやっているだ、鳥を見る人間としてはずかしい」

と反省するとともに、支部長さんの言葉が深く深く胸に染み込みました。



鳥を「自然の中の宝物」と言える、そんなバーダーにボクはなりたい。





今日の鳥19

(午前)
カワウ3、オシドリ♂49♀20、コジュケイ1、キジバト1、コゲラ1、キセキレイ1、ヒヨドリ15+、ミソサザイ2、ルリビタキ2、ジョウビタキ4、シロハラ1、ヤマガラ1、シジュウカラ5、メジロ4、ホオジロ4、アオジ2、ベニマシコ♂1♀1、ハシボソガラス+、ハシブトガラス+
(午後)
心神喪失で何を見たか思い出せないたらーっ(汗)
posted by SS at 21:36| 広島 ☀| Comment(14) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

葦原はドキドキ

葦原



葦原を見るとなにかいそうで、胸がときめきます。

葦は水の浄化能力が極めて高く、保全、復元の必要性が認識されるようになってきたと聞きます。

是非、取り組んで欲しいですね。




葦原といえば、今の季節ですと、オオジュリン

先日、ずっと前から気になっていた葦原を訪れてみました。




葦原沿いを歩いてみると、バサバサっと小鳥が飛ぶ。

おお!早速、オオジュリン!と思ったらスズメの群。

そんなに簡単には見つからないかたらーっ(汗)




しかし、ほどなく葦がゆさゆさ揺れているのを発見。

いたいた、きっと葦の下の方にとまってエサをついばんでいるんだな。

ちょっと離れた場所に座り込み、まったり待ってみる。




ところでまったり待てる時間ってみなさんどのくらいですか?

30分?1時間?1日中?

ちなみに先日、凍えるような日に3時間ほどコンクリートの階段に座り込み、芯まで冷えて冷凍人間になりかけましたもうやだ〜(悲しい顔)




この日は、わりと天気も良く、ほんとにまったりしていたら、

「すいません」

と、突然声をかけられ、振り向くと、そばにたたずむのは赤い服に身を包んだぱっちりした目のウォーキングオバサン。

「あの〜すいません、お腹が白くて背中が灰色の鳥って何ですか。この辺りによくいるんですよ。ピッピッと鳴く鳥なんですが。図鑑まで買ったのにずっと分からないんですよ」

「ああ、ハクセキレイですね」

「ハクセキレイって言うんですか!!! 感激! ずっとわからなかったんですよ。プロの方と出会えてヨカッタ、ヨカッタ」

「いやぁ〜プロじゃないですよぉ」

と、言いながらもこんなことでメチャメチャ感謝されては、悪い気はしないわーい(嬉しい顔)

このオバサン中々の褒め上手。

「ここの葦原にはオオジュリンという冬鳥もいますよ、今は根元の方に隠れていますが」

って、指さすと

「ススメみたいじゃねぇ」

とオバサンが答える。

「ゲッ、いつのまにか葦のてっぺんに止まってるよぉダッシュ(走り出すさま)

と思ったら、よ〜く見るとセッカでしたたらーっ(汗)



セッカ
(セッカ / EOS 30D+EF400mmF5.6)




大満足のオバサンの後ろ姿を見送りながら、なおも待っていると、真ん中当たりの葦が大きく揺れる。

揺れはだんだんと手前の葦に移り、オオジュリンが近づいて来ているのが手に取るように分かる。

それは、まるで映画の「ジョーズ」が近づいて来るよう。

ドキドキ

ゆさゆさ

ドキドキ

ゆさゆさ




そして、遂に・・・



オオジュリン
( オオジュリン / EOS 30D+EF400mmF5.6)




でた〜〜〜!




天気はいいし、まったりとオオジュリンを眺めながら、シベリアジュリンはいないかと、ヨコシマなことを考えるのでしたたらーっ(汗)
posted by SS at 22:46| 広島 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

食べ過ぎに注意!

20070110kogera03.jpg
(コゲラ 広島城 / EOS 30D+EF400mmF5.6)



ボクの直属の上司・子ぶたのエンジェルちゃんが、人間ドックでひっかかりました。

だけど、誰一人として驚く者はなし。

それもそのはず、上司は正統派のメタボリック・シンドロームで、生活習慣病の総合商社のような人。

アチコチ悪いところがあって、食事制限や運動をするよう指導されているのです。

ところが、酒は浴びるし、目の前にぶら下がっているものなら何でも飛びついて食べる。

まるでダボハゼのような生活をしています。

しかも、運動が大嫌い。




「一緒に広島城を歩きましょう」

って誘うのですが、

「ジハハハハ」

と笑うだけ。




その広島城ですが、相変わらず護国神社の参拝客が多いようで、神社前の広場には車がビッチリ。

しかし、正月の間にいなくなっていたツグミは戻って来たようです。

一斉に上空を飛んだので、懸命に数えたところ確実に100羽は超えていました。

落ち着きがないなぁと周りを見渡していると、ビルの上にハヤブサの影。

こんなにツグミがいたらハヤブサは当分安泰デスネ。

ハヤブサは必要以上の狩りはしませんが、もしもハヤブサが上司だったら、手当たり次第にツグミを襲って、あっと言う間に食べ尽くしますね。

間違いない。

そして、太りすぎて本川辺りに墜落するでしょうバッド(下向き矢印)




と、悪口ばかり書いていますが、上司の奥さんは病弱だし、子どももまだ小さいので、ホントに健康には気を付けてもらいたいと心から思っています。

上司が病気にでもなって蟹坊主の様な暴君上司に替ったら、ボクはもう仕事を休んで鳥見に行かれなくなるなんてことは、金輪際考えたこともないです。





※最近、職場の一部の人にこのブログがバレてしまって、「上司ネタをもっと書け」ってリクエストされるんですよたらーっ(汗)
「このブログは野鳥ブログだから、そんなこと書けましぇん」
って言ったら、
「散々書いておいて、上司にバラすぞ!」
ってほっぺたをつねって脅迫するもんだから、今日はしかたなく書きました。
って責任転嫁しておこうあせあせ(飛び散る汗)





今日の鳥20

(広島城)
カイツブリ2、カワウ2(うち1羽婚姻色)、コサギ2、アオサギ1、ヒドリガモ♂2、ホシハジロ♂19♀10、キンクロハジロ♂20♀、ハヤブサ1、コゲラ1、ハクセキレイ1、セグロセキレイ2、ヒヨドリ6、ジョウビタキ♂1、シロハラ1、ツグミ100+、メジロ4、スズメ30+、ムクドリ2、ハシボソガラス10+、ハシブトガラス40+
posted by SS at 21:29| 広島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。