2006年02月01日

ハクセキレイ受難

20060201-1.jpg
(ハクセキレイ 広島城)        



広島城のお堀に水面ギリギリをホバリングしながらヒラヒラ飛ぶハクセキレイがいました。
エサを捕っているのか水を飲もうとしているのかと思ってじっと見ていたのですが、どうも足に水をつけているみたいなのです。足が一番下側になるからまず足が着水し、そう見えるのかもしれませんが。
少し飛んでは、お堀の縁の石の上に止り、また水面をヒラヒラ飛ぶ。こんなことを繰り返していました。
ふと見るとどうも左足がおかしい。
双眼鏡で覗くと大きく腫れ上がって指の部分がありません。
後で写真で確認したところ、糸のようなものが巻き付いて鬱血しているようです。
指の部分は腐って取れたのでしょう。

20060201-2.jpg
(足の拡大)        


釣り糸などによるこうした事故は珍しくありません。
釣り糸は丈夫にできているから、そうそう朽ちたりしないようです。
自然にかえる環境に優しい糸なるものが開発されているようですが、劣化したら切れるわけですから、そんな糸をわざわざ釣り人は使わないよとIさんに指摘されました。
もっともです。
もっともなんだからできれば義務化して欲しいです。
そう言うボクも魚釣りが大好きで以前はよく海に出かけていました。
根掛かりして途中でプツリと糸が切れれば、糸を回収することもできず、どうしようもありません。
不要になった糸を投げ散らかす人は論外ですが。

以前、南岩国の蓮田で足に枯れ枝の切れ端のようなものが絡まりもがいていたオスのイソヒヨドリを見たことがあります。どうにか抜け出したのですが、片足がポキリと折れてしまいました。
その何ヶ月か後に同じ場所で片足のイソヒヨドリを見たという話を何度か耳にしました。
鳥は片足でもなんとか生きていけるようです。
翼が折れたら致命的ですが。


今年観察した鳥100
今日の鳥11

(広島城)
カイツブリ2、ホシハジロ♂6、キンクロハジロ♂8♀4、アオサギ1、カワウ1、ハク
セキレイ1、ヒヨドリ+、キジバト1、スズメ23+、ハシボソガラス 2、ハシブトガ
ラス3
posted by SS at 18:44| 広島 ☔| Comment(3) | TrackBack(1) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月02日

ミサゴが狙うモノ

20060202ミサゴ.jpg
(ミサゴ 広島城)        


昨日の片足のハクセキレイは今日もお堀のうえをヒラヒラ飛んでいました。
ヨクヨク見ると水を飲んでいました。
広島上には浅い水場がないのでお堀の水を飲んでいるのでしょうが,足がそろっていれば,石垣の一番下に止まって飲めるはずです。
片足なのでそれもできず,飛びながら水を飲んでいるのではないかと勝手に思ったのですがどうでしょうか。
見上げると,ミサゴが旋回していました。
ミサゴは魚専門の鳥ですから,お堀の魚を狙っているようですが,鯉じゃ手に負えないし,ボラのような大きさの手ごろな魚もいないし、この場所でミサゴの獲物にダイブする様子を見たことがありません。
先日、九州からの帰りにNさんの車の中で見せてもらったDVDでミサゴが大形の魚に引きずり込まれて死ぬことがあると言っていました。
ミサゴの魚捕りも命がけなのです。


今年観察した鳥100
今日の鳥13

(広島城)
カイツブリ2、ホシハジロ♂6♀1、キンクロハジロ♂11♀4、アオサギ1、カワウ1、ミサゴ1、トビ2、ハクセキレイ1、シジュウカラ3、ヒヨドリ+、スズメ10+、ハシボソガラス3、ハシブトガラス4
posted by SS at 23:16| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

幻の鳥

20060204ヨシガモ.jpg
(ヨシガモ 東広島市高屋町)        



雪も上がり太陽が顔をのぞかせると、車の中はポカポカして外の寒さがウソのようです。
父のPCの修理をするため実家に行った帰り、流れゆく景色の中にため池が見えました。
ため池=カモ!
期待を込めて近づいて来るため池を見ていると、茶色緑色の頭!
コガモ?!
丁度、駐車スペースがあったので、車を止めて木の枝の隙間からのぞいてみると、全てヨシガモでした。
オスが9羽にメスが4羽。
幹線道路沿いの小さな小さなため池なのですが、3方を木で囲まれていて安心できる場所なのでしょう。
意外な場所で意外な鳥に出会うとちょっとうれしい気分。
しかし、ゴミがいっぱいでした(>_<)

しばし眺めていると、水面近くの斜面に黒く動くものが。。。
ミソサザイ
またまた意外なものが!
と同時に上空を鳥が通過。
急いで双眼鏡に入れると真っ白で頭に黒い帽子をかぶっている。
アジサシ???
そんな。。。季節も場所も違うよ。
アジサシでなければオナガ?
ますます違う。
いったいアレは何だったんだろう。
写真に撮らないと記憶はどんどん薄れていってしまいます。
黒い帽子をかぶった白い鳥、どなたかか教えてください。


今年観察した鳥101
今日の鳥4

(三原市大和町)
マガモ♂12♀14
(東広島市高屋町)
ヨシガモ♂9♀4、ミソサザイ1、ヒヨドリ+
posted by SS at 18:33| 広島 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

鳥がいる環境を見るだけで

20060205トモエガモ.jpg
(トモエガモとオシドリ 大竹市)      



今日はTさんのお友だちが来られるということで便乗させていただきました。
ワイワイガヤガヤ言いながらの鳥見は楽しかったです。
普段よりも鳥の数が少なかったようで、わざわざ遠方から来られたのに残念でした。
しかし、その方は「鳥がいる環境を見るだけで楽しい」とおっしゃっておられました。
以前にもそういう方にお会いしたことがあります。
ガツガツ鳥を探すのでなく、もっとゆったりと鳥見したいとあらためて思いました。
今シーズンはじめてシロハラベニマシコを見ることができてボクとしては大満足でしたが。


今年観察した鳥104
今日の鳥33

(大竹市)
マガモ♂2♀2、オシドリ20+、トモエガモ8+、ミサゴ2、トビ1、アオサギ1、キクイタダキ1、ルリビタキ(声のみ)、スズメ+、ハシボソガラス+、ハシブトガラス+
(美川町)
オシドリ♂1♀1、トビ1、ジョウビタキ♀1、カワラヒワ3、キクイタダキ2、ホオジロ♂3♀1、アオジ♂1、ベニマシコ♂1、ツグミ1、シロハラ1、ヒヨドリ5+、ハシブトガラス+
(岡の下川河口)
カイツブリ5、カンムリカイツブリ2、カルガモ6、ヒドリガモ♂20♀17、コガモ♂1、オナガガモ♂17♀10、アオサギ2、コサギ1、カワウ4、ユリカモメ17、カワセミ♂1、トビ1、ハクセキレイ♂2♀3、セグロセキレイ2、ムクドリ170+、キジバト2 番外いつものアイガモ♂
posted by SS at 18:47| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

雪の宮島

20060206.jpg20060206-2.jpg


特別なことをしたときに限って天気が悪いと「日頃の行いが悪いから」と言いますが、仕事で行くことのない宮島に行く日に限って、雪です。しかも傘がなかったらずぶ濡れになりそうなベタベタの雪。
降るならもっと雪らしくシンシンと降れぇ!と心の中でつぶやきながら桟橋から歩いていると、ズルリと転びそうになりました。雪もなかなかやるワイたらーっ(汗)
仕事のついでに鳥見しようと双眼鏡をかばんに忍ばせたのが間違いでしたふらふら
そんなことは許さんとばかりに雪はますます強くなり、大鳥居もかすむ。
結局、肉眼で確認した鳥はセグロセキレイ1羽。鳴き声はヤマガラ、カワラヒワ、ヒヨドリ。そして寒そうなシカの子どもたち。
シカし!雪の宮島もめったに見れるものじゃないヨ。
日頃の行いが悪いんじゃなくて、日頃の行いが良いから天の神様も特別サービスしてくれたのです。
オークションで買った激安靴がジワジワと浸水してきたふらふら


今年観察した鳥104
今日の鳥5

(宮島)
セグロセキレイ、ヤマガラ、カワラヒワ、ヒヨドリ

(岡の下川)
ユリカモメ9
posted by SS at 20:43| 広島 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

オーストラリア編 メジロキバネミツスイ

20060207メジロキバネミツス.jpg20060207メジロキバネミツス2.jpg
(メジロキバネミツスイ オーストラリア キング島)        


インドネシア・パプア州(ニューギニア島西部)のフォジャ山脈で新種のミツスイが発見されたそうです。
まだまだ未知の生物はいるんですね。
今日は、オーストラリアで見たミツスイの一種メジロキバネミツスイをUPしてみました。
前回のルリオーストラリアムシクイと同様にオーストラリア大陸とタスマニア島の間のバス海峡にある小さな島キング島で出合った鳥です。
車で移動中に窓ガラス越しに写したものなので画像はブレブレでよくないのですが、これしかないので。
日本に帰ってから調べて、やっと名前がわかりました。
目が白くて羽の一部が黄色いからメジロキバネミツスイ。そのまんまですわーい(嬉しい顔)
なんの花かわかりませんが赤い花の蜜をさかんに吸っていました。ミツスイ(蜜吸い)だから多分喫茶店
海外の鳥はどんなにきれいで珍しくても、日本でなじみがないのであまり感動がありませんが、この鳥を見たときにはちょっとドキンとしました。
横から見るとキツツキの仲間のように見えたからかもしれません。

和名:メジロキバネミツスイ 学名:Phylidonyris novaehollandiae 英名:New Holland Honeyeater
posted by SS at 22:33| 広島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | オーストラリアの鳥 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

ジンクス

20060208シロハラ.jpg
(シロハラ 広島城)        



予報では曇りだったのに、殴りつけるような雪。
雨だと外出を即あきらめるのですが、これが雪だと体に触れて溶ければ雨と変わらないのに迷ってしまいます。
今日の広島城ミニ鳥見はどうしようか迷っていたのですが、迷ったあげくに鳥を見に行くとラッキーなことが多いです。
おそらく、「やっぱり来るんじゃなかった」と思うこともしばしばあるのでしょうが、マーフィーの法則ではないですが、ラッキーな出来事の方がより記憶に残り、結果として迷ったあげくにでかける→良いことがあるというジンクスが自分の中で、できあがっているのだと思います。
一般的に言われる「誰かが帰ったら鳥が出てくる」というジンクスも同じでしょう。
ちょっと得した気分になりますから。
ジンクスを信じて、思い切っていざ広島城へ
そんなに意気込んで行く場所でもないのですが(;^_^A
ところが、雪はますます激しく、しかも真横から降りつけて、双眼鏡も出せないありさまふらふら
雪女が出てきたらどうしよう・・・
来るんじゃなかった・・・
ジャンパーのフードを深々とかぶり、とぼとぼ歩いていると、雪は急にやみ、太陽まで顔をのぞかせるではないですか。
これは吉兆!
すると、どこからかツグミの声。
慌てて双眼鏡を取り出し、辺りをうかがうと、ツグミが2羽?
イヤ、ツグミの隣にいるデップリとした真っ白いおなかはシロハラぴかぴか(新しい)
例年なら広島城で普通に見られる鳥なのに、今シーズンはまだ一度も目にしていなかったのです。1月の広島城探鳥会で観察されてからは、俄然、捜索に力が入り、ここのところシロハラ捜索が広島城ミニ鳥見のテーマになっていました。
シロハラという名前のとおり白い腹だけはおわかりかと思いますので、写真はこれでご勘弁ください。

迷ってでかけると良いことがある! また、しっかりと記憶に刻まれたのでありました(;^_^A

広島城にアリスイ(学名:ジンクスJynx torquilla)が出たと誤解された方、ごめんなさい。
そんな環境ではないのでそのように誤解する人はいないか。イエイエ、県庁にアオシギが落鳥するのですから、何が出たって不思議ではないですよ。
いつの日か、みなさんがビックリするような写真を撮してみせます。
と、豪語するテストカラオケ

今年観察した鳥104
今日の鳥14

(広島城)
カイツブリ4、キンクロハジロ♂20♀6、ホシハジロ♂6♀2、カワウ15、トビ1、シジュウカラ1、カワラヒワ1、セグロセキレイ1、ツグミ1、シロハラ1、ヒヨドリ4、スズメ20+、ハシボソガラス4、ハシブトガラス7

posted by SS at 17:37| 広島 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月09日

何の植物?

20060209ジョウビタキ♀.jpg
(ジョウビタキ♀ 広島城)


今朝の広島市内はうっすらと雪が積もり、気温はだいぶ下がったようで道路はガチガチに凍っていました。
そんな天候だったせいか、青空が広がった昼時間の広島城は珍しく鳥の動きが良かったです。
ジョウビタキが私はココよと言わんばかりに「ヒーヒー」と鳴き、上空ではミサゴがホバリング、トビはお堀に急降下し何やら掴んだらしい。
昨日、シロハラを見つけた木にはツグミが3羽にヒヨドリが2羽。黒い実をついばんでいました。
ところで、ボクは植物のことはからっきしだめで、シロハラツグミが食べていた黒い実の植物の名前がわかりません。
早速、植物も詳しいIさんに電話を入れ、黒い実に赤い実が混じっていたらエノキとのことでした。エノキさえもわからないわけです(>_<)
そういえば原爆エノキというのもあったな。
しかし、赤い実はない。
インターネットで調べたらなんだかクスノキのようです。
クスノキもわかりません(>_<)
広島城にある赤い実はクロガネモチ。あまり栄養がなく、鳥は最後の最後に食べる。
歩道によくある白い実は・・・この前教えてもらったばかりなのに忘れた(>_<)

気温は低いけれど風もなく青空が広がり空気が透き通るような冬の日、ボクは大好きです。
これで焼きいもでもあれば言うことなし。
同じ植物でも美味しい植物ならすぐに覚えるのですが(;^_^A


今年観察した鳥104
今日の鳥17
カイツブリ4、キンクロハジロ♂23♀8、ホシハジロ♂7♀2、アオサギ1、カワウ1、ミサゴ1、トビ3、コゲラ1、ジョウビタキ♀1、シジュウカラ1、セグロセキレイ1、ツグミ3、キジバト2、ヒヨドリ5、スズメ10+、ハシボソガラス2+、ハシブトガラス5+
posted by SS at 18:16| 広島 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

モジモジしていたらツグミが

20060210ミサゴ.jpg20060210マミチャジナイ.jpg20060210ツグミ.jpg
(ミサゴ、マミチャジナイ、ツグミ 広島城)        


トイレに行きたくてモジモジしていると、こんな時に限ってシャッターチャンス
が訪れるモノです。またもやマーフィーの法則。
お城の石垣の上からヒョイと下段を見下ろすと、地面に降りてこないツグミが降
りているではナイデスカ。しかも、2羽も。
カシャカシャカシャ、トイレを我慢しながらシャッターを切っていると、すぐ隣
マミチャジナイ
モジモジモジ カシャカシャカシャ
これでやめようと思ったら、ミサゴが低空飛行
モジモジカシャカシャ モジカシャモジカシャ
結局モジモジしながら166枚も撮してしまいましたわーい(嬉しい顔)

ツグミ類はまだまだ木の実がたっぷりあるから危険を冒して地面に降りてくる必
要はないのですが、さすがに水は飲まなきゃいけないので、水たまりに降りてき
ていたのです。
今シーズン初の地面のツグミでした。
一方、ミサゴは2羽も飛んでくれて、大サービスです。
低空でホバリングして、ついにお堀へ急降下。
残念ながら、獲物は逃したようですが、広島城のお堀にミサゴがダイブしたのを
見るのは初めてでしたので、感激のあまりチビリました。いえ、チビリそうにな
りました。


今年観察した鳥105
今日の鳥17
カイツブリ4、カワウ1、アオサギ1、ホシハジロ♂7♀2、キンクロハジロ♂18♀11
、ミサゴ2、トビ2、ハヤブサ1、セグロカモメ1、ジョウビタキ♂1、マミチャジナ
1、ツグミ3、キジバト3、ヒヨドリ2、スズメ10、ハシボソガラス1、ハシブトガ
ラス1
posted by SS at 23:28| 広島 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

朝から晩まで鳥・鳥・鳥

20060211カワセミ.jpg
(カワセミ♀ 岡の下川)        



呉市の本庄水源地は通常は立ち入り禁止ですが、探鳥会と花見の時には入れるそうです。
ということで、本庄水源地探鳥会は見逃せません。
昨年は都合で行けなかったので、待ちに待った探鳥会。
初めてでしたから、担当者のKさんにいろいろ聞いて、準備万端。
しかし!その時Kさんは探鳥会の資料作りで四苦八苦されていたのです。
Kさん、お邪魔してゴメンナサイ。

特に目的の鳥がいたわけではないのですが、初めてのフィールドはわくわくドキドキですね。
朝から気合が入りました。
昨年よりもだいぶ鳥の数が少ないとのことでしたし、個人的にはヤマセミマヒワマミチャジナイビンズイなどを逃してしまいましたが、フィールドを知ることができましたし、大変楽しい探鳥会でした。
帰りには、重鎮のNさんの案内で、ヒクイナポイントなどに連れて行っていただきました。
残念ながらヒクイナはお留守でしたが、こちらもフィールドを知ることができました。
よそばかり行って、地元をおろそかにしてはイカンので、帰宅後、岡の下川を巡回。
ズグロカモメはいなく、ちょっと寂しかったですが、久しぶりにカワセミを撮影したりし、今日も鳥漬けの1日でしたわーい(嬉しい顔)
朝から晩まで鳥・鳥・鳥ぴかぴか(新しい)
明日もそうしたいのですが、都合で鳥見はお休みですもうやだ〜(悲しい顔)
ゲッexclamation夕食も焼き鳥だがく〜(落胆した顔)


今年観察した鳥105
今日の鳥45

(本庄水源地探鳥会)
カイツブリ、カワウ、ダイサギ、アオサギ、オシドリ、マガモ、カルガモ、コガモ、ヨシガモ、ヒドリガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズガモ、ミサゴ、トビ、バン、イカルチドリ、キジバト、カワセミ、コゲラ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ツグミ、ウグイス、キクイタダキ、エナガ、シジュウカラ、メジロ、ホオジロ、カシラダカ、アオジ、カワラヒワ、スズメ、ハシボソガラス、ハシブトガラス
(未確認)
オカヨシガモ、ノスリ、ヤマセミ、キセキレイ、ビンズイ、シロハラ、マミチャジナイ、マヒワ、ムクドリ

(熊野町)
ツグミ3、ヒヨドリ4

(岡の下川河口)
カイツブリ5、カンムリカイツブリ4、カワウ5、ダイサギ2、コサギ6、アオサギ6、カルガモ♂3♀2、ヒドリガモ♂20♀14、オナガガモ♂♀、イソシギ2、ミサゴ3、トビ3、ユリカモメ50、セグロカモメ1、キジバト1、カワセミ♀1、ハクセキレイ5、セグロセキレイ2、ムクドリ4、スズメ19、ハシボソガラス8 番外:いつものアイガモ
posted by SS at 17:43| 広島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | フィールドノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。